美容や健康のために役立つ健康食品について

ネット通販やドラッグストアには健康食品と銘打った商品が並んでいますが、健康食品とは何でしょう。法律で健康食品を規定した文言はありませんが、消費者が漠然と考えている健康食品のイメージはあります。

 

広い意味では、健康の保持増進を助けることができる食品として販売される食品のことを指しています。健康食品と、保健機能食品制度は、似たようなもののように見えますが、全く別のものです。保健機能食品制度とは、国が定めた定義の一つです。

 

保健機能食品は、販売する商品の保証するために、国が設定した条件を満たしているものです。もしも保健機能食品の規定をクリアしていれば、脂肪の吸収を緩やかにする、お腹の調子を整えるなどの言葉を容器に印刷できます。

 

スポンサーリンク

つまり、保健機能食品は、健康状態の改善を目的として摂取する食品を分類するための名称といえます。この他に、栄養成分についての表示が可能なものもあり、定められている基準をクリアしていれば表示かできるというものもあります。

 

ですが、健康食品にはこのような国による基準や許可は一切なく、栄養成分の表示や効能などを表示することはできません。健康食品として販売されているものは、法律上は普通の食品と大差がありません。

 

利用者にとって、体質改善や病気予防を目的として購入したものなら、それが法律上は食べ物と同義でも、健康食品といえます。法律での取り扱いは食べ物と同じですが、健康食品に含まれている栄養成分は体質を改善する効果を期待されているものです。

 

何をもって健康食品というかは日本の法律では定められていませんが、販売に際しての枠組みはあります。日本の法律では、口に入るものを大きく分けた時に、食品か薬のどちらかに該当するものという分け方をしています。

 

従って、商品としては健康食品は食品扱いになり、食品の基準に準拠することになります。食品といえば、日々の食事に用いるような、お腹を満たすものを思い浮かべるものです。実際、健康食品にはそのような通常の飲食物と同じような形態をしているものもありますが、それだけではありません。

 

多くの健康食品は、一見すると薬のようにカプセル状や錠剤の形をしています。規制が厳しかったころは、健康食品を錠剤やカプセルにすると薬と混ざるので良くないとされていました。後に法律が少し緩くなって、食品であるとはっきり書いてあれば、売ることが認められました。

 

スポンサーリンク

この頃は、ビタミンやミネラルを体内に取り入れることを目的としたものは、サプリメントという名前で認識される傾向にあります。健康食品は薬ではないため、本来は効果や効能をうたうことはできませんが、その決まりを守らない会社もあります。

 

すべての商品が違法に販売されているわけではないのですが、自分の目で見て判断できるようにしておきたいものです。健康食品に関する知識を仕入れた上で、どの商品を買うかを選ぶことで納得のいく商品が選べます。

 

健康食品は保健機能食品と混同されがちですが、健康食品はあくまでも食品であり、成分表示はできません。健康食品を定義するものはないので、表示には気をつけて、紛らわしい言葉に振り回されないようにしましょう。

 

薬のように効能を書いてはいけないことから、核心から外れた説明になって、消費者の誤解を招く場合もよくあります。利用者によっては、実態以上の効果があるように思い込んで健康食品を買う人も出てきます。

 

全ての人に等しく効果を発揮するような万能の健康食品はありません。たくさんの人が支持していても、自分にいいものとは限りません。友人がとってもよかったからと勧めてくれたとしても、自分も同じ効能を得られるかどうかは分かりません。

 

科学的根拠がないと、なかなか正しく判断するのは難しいものなので、勝手な判断で購入したい方が良いでしょう。健康食品を摂取することでどんな効果が得られるかは、あくまで自己責任となります。健康食品を飲む時に、病院の薬も一緒に飲む人は、薬と健康食品の相性が重要です。

 

複数の健康食品を一緒に飲む場合は、同時に吸収されても問題がないかを確認しておくべぎてしよう。他の健康食品や薬と同時に摂取するつもりなら、飲み合わせで身体に悪影響を及ぼす心配はないかを一度調べておきたいものです。健康食品も体内に入るものなので、勝手な思い込みや知識不足で摂取するようなことは避けるようしましょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。