食物繊維が足りていない時はサプリメントを利用して不足分を補う

食物繊維

お通じが良くない時は、食物繊維の多いものを食べると腸内の善玉菌が増える上に、便の体積が多くなって大腸を刺激し、排便をしやすくなる効果が役立ちます。数年前までは食物繊維は栄養にならないので摂取する意味はないといわれていましたが、現在は第六の栄養素ともいわれています。

 

そんな食物繊維ですが摂取量が不足している人が多く、1日の摂取目標量に達していない人もいます。食物繊維が多い食材は、海草類、野菜類、キノコ、果物、未精製の穀物などです。これらを摂らない食事をしていると、食物繊維の量が足りない食事になってしまいます。

 

スポンサーリンク

毎日の食事内容を見直して食物繊維の多いものを増やせればいいのですが、サプリメントを使うという方法もあります。身体が必要としている栄養を速やかに確保できることが、サプリメントのいいところです。

 

もっと野菜や大豆加工品の多い食事をしたいと思っていても、外食をせざるを得ない事情があって食事を変えにくい人もいます。そんなときでもサプリメントなら手軽に食物繊維を摂取することができるので、食事が準備できないときにも役立ちます。

 

サプリメントは持ち運びしやすいため、外出先でも場所や時間を気にすることなく、食物繊維をいつでも摂取できます。人によっては、野菜や海草類などがあまり好きでない人もいるでしょう。サプリメントを使う時の良い点として、味や香りがしないことがあります。食物繊維のサプリメントは、ドリンクやゼリー状のほか、錠剤やカプセルのものもあり、選択肢も豊富です。

 

食物繊維は、身近な食べ物に多く含まれている成分です。野菜やフルーツだけでなく、海草や大豆加工品からも摂取できます。いつもどおりの食事をしていれば食物繊維が摂取できるなら、サプリメントを使ってまて摂取量を増やす必要はないと思われがちです。

 

けれども、現代の人たちは、食物繊維が不足している食事を摂っていることが少なくないと言われています。たとえば必要な食物繊維を摂取しようとすると、野菜を両手のひらに山盛り乗せたくらいの量を食べなければなりません。毎日こんなにたくさんの野菜を食べている人はほとんどいないでしょう。

 

もしも食事だけでは食物繊維が不足していると感じるならば、サプリメントを活用するといいでしょう。最近は、粉タイプの食物繊維のサプリメントもありますので、食べ物にプラスして摂取するという方法もあります。

 

水に溶けやすく、風味や味にくせもないので、もともとの料理の味を損ねてしまう心配もせずに済みます。大容量のサプリメントや、個包装にしてあるサプリメントもありますので、使いやすいものを選びましょう。容量が多いタイプは、個包装よりも価格が安くなるので、たくさん利用したいという方はお財布にうれしいです。

 

スポンサーリンク

食物繊維が不足すると便通が悪くなることがあり、ダイエットや肌の健康にはあまり良くないことはよく知られていることです。食物繊維が足りていないと思っている人には、サプリメントの活用がおすすめです。

 

食物繊維が足りなくなるとお通じが滞ることがあるので、食物繊維のサプリメントを積極的に利用しているという人がいます。食物繊維は水を吸って便の体積を増やし、腸の動きを活発にする働きがあるため、食物繊維を適度に摂ることで排便がスムーズになるからです。

 

お通じが良くないのでヨーグルトを食べいるという人もいます。ヨーグルトは腸内環境の改善に有効ですが、それだけでは便秘対策にはなり得ません。食物繊維を摂取することで便を増やすことが可能ですが、サプリメントで補給するという方が多いようです。

 

食物繊維のサプリメントは粉状に加工されているものが多く、ジュースや水に溶かし込んで摂取することができます。便を増やし、かつ腸の状態をよりよいものにするには、ヨーグルトに食物繊維のサプリメントを入れるといいでしょう。

 

食物繊維を含む野菜を、糖質や脂質と一緒に摂取することで、食後の血糖値が急に上がらないようにできます。食物繊維は、水に溶けるタイプと、水に溶けにくいタイプかあります。水溶性の食物繊維は水を吸って膨らみ、糖や脂質の吸収を抑制します。

 

食後に摂取したり、調理をする時に混ぜ込んだりすることで、糖や脂肪の吸収を抑えるという使い方をすることもできます。食物繊維を十分に摂ることで満腹感を得ることもできますので、ダイエットをしている人にとっても使いやすいでしょう。

 

胃の中で消化されずに食物繊維が居続けてくれることで、一回の食事での満腹感を得やすくなります。ストレスなくダイエットをしたい人や、便秘の解消をしたい人には、食物繊維のサプリメントは心強い味方になってくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。