水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンのサプリメントからの上手な摂り方

サプリメント

健康や美容のためにサプリメントを使おうと考えていても、サプリメントの種類が多すぎて選びきれない方もいます。サプリメントでビタミンCを摂取するという方法は、特にこれといったサプリメントがない時にやってみるといいでしょう。

 

体内でビタミンの合成はできないので、食事などから得なければビタミン不足になります。ビタミンには体のバランスを保つ働きがあり、健康な体を維持するためには毎日必要な量のビタミンを摂取することが重要です。

 

スポンサーリンク

 

外食をよくする人や、レトルトやインスタント食品、缶詰などの加工食品をよく使う人、コンビニやファストフードの利用度合いが高いと、ビタミンが足りなくなることがあります。日々の生活の仕方によって、多目にビタミンを使ってしまうという人もいます。

 

ビタミンをサプリメントで摂取することで、食事のビタミン不足や、ビタミン消費の多い生活をリカバリーすることが可能です。ビタミンには水に溶けるものと、油に溶けるものとがあります。このうち水に溶ける水溶性ビタミンは、過剰に摂取すると余った分が体外に排出されます。

 

サプリメントなら、取り扱いが便利ですぐに飲めるので、一日に何度かに分けて飲むこともできます。脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンKがあります。過剰に体内に取り入れることがないようにしないと、脂溶性のビタミンは体内に蓄積して悪影響を及ぼします。油と共に体内に取り入れることで吸収率がアップしますので、脂溶性ビタミンのサプリメントは食事中の摂取が適しています。

 

スポンサーリンク

 

水に溶けるビタミンと、油に溶けるビタミンがありますが、ビタミンCとB群は水に溶けるタイプです。水溶性のビタミンは、使い切れなかった分が体外に排出されるという性質を持っている成分です。ビタミンをサプリメントから補給する場合は、摂りすぎに注意しましょう。

 

いつでも簡単に飲めるサプリメントは、外食時でも飲むことができるものです。栄養成分が濃縮されているので一度に大量に摂ることもできますが、使い切れなかった分は出ていってしまうので、飲んだ意味がありません。サプリメントを使う時は、説明書きに目を通して、一日の摂取量をチェックしてから使うようにしたいものです。

 

水溶性ビタミンのサプリメントを飲む時は、一日に何回かに分けて飲んだほうが体内の濃度が一定に保てます。サプリメントは、好きなタイミングで摂取できるという強みがありますが、ビタミンの吸収率の良さを考慮に入れた場合、食後の摂取が効果的だといいます。

 

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンKはいずれも脂溶性ビタミンです。多量の脂溶性ビタミンをサプリメントでとり続けていると体の中で蓄積されて悪影響を及ぼすことがあります。油と共に摂取することで脂溶性ビタミンの吸収率は高まります。

 

油分のある食事を摂る時にサプリメントを摂取するといいでしょう。ビタミンのサプリメントを摂取する場合、まず脂溶性か、水溶性かを見極めた上で、どんな飲み方が最適なのかを検討すべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれています。