サプリメントを飲むときに飲み合わせを考える必要性

サプリメント

複数のサプリメントを使う時には、飲み合わせに問題がないか事前にチェックしておきましょう。毎日飲み続けることで健康になれたり美容効果がアップするサプリメントはたくさんあります。もう何年も同じサプリメントを使い続けて、健康に役立てているという方は多いのではないでしょうか。

 

いつまでも健康でいたいという気持ちがサプリメント人気を支えています。サプリメントを使うメリットとして、体に負荷をかけずに時間をかけて少しずつ健康状態を改善していくという特性を持っています。病院で処方される薬と違って、サプリメントは食品のカテゴリに入るものです。

 

スポンサーリンク

 

そのため、薬のように副作用のリスクがほぼないことが、サプリメントのいいところです。サプリメントが原因で身体に問題が発生する場合、飲み合わせに要因がある可能性があるといいます。ほとんどの人がサプリメントの飲み合わせについて深く考えていないので、何種類かのサプリメントを合わせて飲んでいる場合もかなりあります。

 

カルシウムと、鉄は、サプリメントで同時に併用すると、どちらの効果も減衰します。カルシウムサプリメントと、鉄分のサプリメントを一緒に使っていると、どちらの栄養成分も身体に吸収されにくくなります。病院からもらった薬と、自分で飲んでいるサプリメントの飲み合わせが良くなくて、効果が減衰したり効きすぎることもあります。

 

もしも病院から薬を出されたら、サプリメントとの飲み合わせで何か問題は発生しないか、薬局や、サプリメント販売店の薬剤師に聞いてみて、併用してもいいかを把握することです。

 

サプリメントは食品に分類されるものであり、天然成分が主な原材料であることから、副作用のリスクは低めです。天然の材料から抽出された成分は、化学合成された成分よりも身体への作用がゆるやかです。身体への負荷を考えた場合、天然成分を配合したサプリメントであれば、比較的安心して飲むことができます。

 

サプリメントと薬との飲み合わせがよくないと、体に悪影響が及びます。というのも、薬の薬効をサプリメントが打ち消してしまう可能性があるからなのです。薬とサプリメントの飲み合わせに関しては、一般の人ではほとんど知識が無いはずです。サプリメントを使っている時に、病院から何らかの薬を処方されることがあったら、飲み合わせに問題がないかをチェックしましょう。

 

病院で薬を受け取る時に、日頃飲んでいるサプリメントのことを伝えて、併用してもOKかどうかを聞いた上で、継続して使い続けられるかどうかを確認します。せっかく医師から薬を出してもらったのに、併用していたサプリメントが原因で効果が不十分なもので終わってしまえば、治る疾患が治らなくなることもありえます。

 

スポンサーリンク

 

長期的にサプリメントを使い続けるためにも、病院から薬をもらった時にはその都度飲み合わせをチェックしておくことが重要です。薬かサプリメントかの優先順位は当然薬の方になるので、まずは病気をきちんと治すことを考えましょう。サプリメントだからと安易に考えずに薬との飲み合わせには慎重に考えながら利用することが重要です。

 

近年では、サプリメントを利用する人が増加しており、一人で何種類ものサプリメントを一緒に飲んでいるという人も多くなっています。痩身目的でダイエットサプリメントを飲みながら、お肌をきれいにするために美容のサプリメントを使っているという方もいます。複数のサプリメントを同時に使っていること自体はよくある話であり、特に禁止もされてはいません。

 

サプリメントをよく使う国といえばアメリカですが、健康のためにと5種類くらいのサプリメントを組み合わせて使う方もいます。飲み合わせの問題が発生しづらいから、何種類ものサプリメントを使うという方法が一般化するわけです。サプリメントは、滅多に飲み合わせの問題は起きないという言い方をしてもいいかもしれません。

 

ただし、医師から処方された薬とサプリメントを同時に使う時は、念のための確認は大切です。もしも飲み合わせがよくないサプリメントと薬を使うと、悪影響が起きることがあります。もし、病院から処方された薬が血糖値を調整する薬や、血圧の薬、糖尿病の薬である場合は、特にサプリメントとの間に飲み合わせの問題が起きる可能性があると言われています。

 

治療を目的に処方された適量の薬が、サプリメントとの飲み合わせが原因で、医師が想定した作用が起こらないということがあります。事前に確認して、飲み合わせで特にトラブルが起きないことが確認できたら、薬とサプリメントとを一緒に飲むようにします。

 

飲み合わせに問題があることに気づかず、サプリメントと医薬品とを併用していると、一向に治療効果が得られず病気がよくならないということになるので要注意です。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれています。