第二新卒で就職活動を行う時の対策について

就職活動

転職して新しい仕事を探したいという人は多くなっていますが、転職する人の中には第二新卒の求人を探している人もいます。

第二新卒の定義ははっきり決まっているわけではないので、採用する企業側にも対応に差があるようです。一般的には、新卒で入社してから3年未満の求職者のことを第二新卒であると言われています。

 

新卒として就職したものの、やりたい仕事とは違うといったギャップを感じる人も多く、転職を考えることも少なくありません。

景気が少しずつ良くなってきて、仕事の注文が増えたり、会社の規模拡大に伴って、採用枠を増やしたい企業が増加しています。

 

スポンサーリンク

そのため、新卒者の募集に対して応募が少なく、より多くの採用者を確保するために、第二新卒を募集する企業もあります。

企業が第二新卒を採用する利点としては、社会人になったことがあり、ビジネススキルのベースは持っているという前提でいられることです。

 

教育にかける手間が省かれるので、企業側にもメリットがあります。しかし、第二新卒ということは一度会社を辞めているので、再び早期に退職してしまうのではないかと判断されかねません。

面接時には、前の会社を辞めた理由について質問されることを想定して、しっかりと回答を用意しておきましょう。ネガティブになりすぎず前向きで、かつ嘘のない話をすることが、前の仕事場の退職理由を話す時には大事です。

転職後にどんな自分になりたくて新たな仕事を探すのかが、第二新卒が就職活動を行う時には大切になります。

 

新卒作用と変わらない条件で第二新卒の募集をかけている企業もあり、第二新卒者の転職活動もやりやすい環境になりつつあるようです。

そのため、たとえ新卒で希望の仕事に就けなかったとしても、そこで諦める必要はありません。自身のキャリアアップを目指して、第二新卒での転職活動をするかたわら、資格の勉強をする方もいます。給与や待遇に贅沢を言わなければ、第二新卒の転職活動はそれなりの職場への採用が見込めますが、すぐに決めてしまって後悔しなうようにしましょう。

 

条件を下げることで給与や待遇などの労働条件が悪くなってしまうようであれば、再び早期の退職につながってしまうことも考えられます。

転職するまでは収入が無くなり生活も大変ですが、どこでも良いからすぐに次の仕事を決めなければと、安易に就職するのは考えものです。

 

スポンサーリンク

次こそは長く勤められる会社で働くためには、妥協できる条件と、妥協できない条件を明らかにしておくことです。

新卒を採用できなかった企業は多くあるので、第二新卒だとしても条件が悪くなることはありません。今だけ働ければそれでいいという人もいますが、そうでなければ、条件は細かく詰めたほうがいいでしょう。

 

最近は、第二新卒を対象とした就職サイトや、ハローワークの求人募集も見かけますので、選択肢は豊富です。

転職者や第二新卒者のための就職セミナーに参加したり、就職相談などを行うことで、問題解決の糸口が見つかることもあります。

第二新卒だからといって負い目に感じる必要はなく、積極的に転職活動を行うことが何よりも必要です。

 

新卒の会社を3年以内で辞めてしまい転職活動をする転職者を第二新卒と言います。

転職希望者の中でも比較的若く、新卒者と違って基礎的なビジネス素養を持っていることから、転職市場では需要が高くなります。

 

第二新卒として転職活動を行う場合に、武器となり、弱点にもなることは、何でしょうか。利点としては、まだ若い段階でなら、キャリアプランの見直しの余地があります。

人生の方針を決定するまでにはまだ猶予がありますので、希望の仕事内容と違ったり、ほかにやりたいことが見つかった時は軌道修正が可能です。

 

会社再度としても、ビジネススキルの基本を持っている人を採用することで研修の手間が省けますし、即戦力としての期待を持つこともできます。

一方、デメリットとしては経験者としての採用は難しい事が多い点です。職採用者には、即戦力となるような経験や知識を求める企業からすると、第二新卒は力不足ということになります。

 

転職プランの立て方次第では、一社目の企業でキャリアをつくってからの転職のほうがいいでしょう。転職活動では、短期間で仕事をやめてしまっていることが低く評価される可能性がありますので、退職理由はきちんと答えられるようにしましょう。

以前と比較しても、転職することは一般的なことと受け入れられつつありますが、一つの会社が長く続かないことはマイナス評価にもなります。

転職を成功させるためには、第二新卒が社会から一般的にどう評価されているかを理解した上で、行動方針を決定することが重要です。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。