就職活動をする時にはまず就職ガイダンスの参加を

就職ガイダンス

事前に就職ガイダンスを受けてから、就職活動に取り組むというスタイルが一般的です。これから始まる就職活動ではどのようなことをするのか、用意するものや、心の持ち方などを解説されます。時期としては、大体夏ごろから行われることが多いようです。

 

3年生の夏に就職ガイダンスを受ければ、4年からの就職活動が円滑に進みます。多くの場合、学生の就職に対する意識付けをするのが目的であり、具体的な就職活動の方法以外にも心構えについての説明があります。就職ガイダンスの一部として、グループでのガイダンスをその後行っているところもあります。

 

スポンサーリンク

全体に向けた話を聞いた上で、グループ単位で質疑応答を受けたり、就職活動について話合いをします。就職ガイダンスの参加費はかかりませんので、参加するためにお金を徴集される心配は全くありません。就職活動をはじめてする人は、だれもが経験が無いので、最初はとにかく参加してみることをおすすめします。

 

就職活動を続けていくうちに、有用なアドバイスや経験談を聞く機会も増えますので、自分の糧にしたいものです。会社の求人情報の収集方法から、実際に応募する時に必要な履歴書や自己PRの書き方や面接の対策まであります。本格的な就職活動が始まる前に就職ガイダンスを受けることで、自分がこの先どう行動すればいいのかがわかります。

 

就職ガイダンスでは、どのようにすれば就職活動を進めることができるかを解説してもらえるので、最初の行動指針を決めやすくなります。右も左もわからない状況下で、手探りの就職活動を行う人もいますが、方法を誤ると期待どおりの結果が出せないこともあります。

 

自分なりに正しいと思う就職活動をしていて、方向性を誤っていたら、遅れを取り戻すのが大変です。就職活動に取り組める期間は有限ですので、的確な行動ができないとロスが大きくなります。就職ガイダンスに行って、数々の事例を目の当たりにしてきた人のアドバイスに耳を傾けたり、経験者の話を聞くことは、とても大事なことです。

 

就職活動という未体験のチャレンジを開始するに当たって、就職ガイダンスを受けておくことで、これから自分がどんなことをするのか、イメージしやすくなります。就職ガイダンスでは、企業の人間が招かれて話をすることもあります。採用する側の話を聞くことも、就職活動のヒントになります。

 

スポンサーリンク

ガイダンスのためにやってきた企業の採用担当者と直接話をする機会があって、そのまま話が進んで、その会社に就職することになる剛の者もいます。いつまでも就職活動を続けていると大学生活にも影響が出ますので、就職ガイダンスからそのまま採用になればとても嬉しい話です。

 

就職ガイダンスも就職活動の一部と捉えて、どんどん参加をすることで様々な知識もついて、就職の可能性も高くなるでしょう。就職ガイダンスの多くは無料参加が可能ですので、参加したことで必要以上にお金がかかるという心配はありません。

 

効率的な就職活動を行うためには、就職ガイダンスなどに行って基本的な知識を得た上で、次の行動を決めることが大切です。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。