企業が採用したいと考える人材の特徴とは

人材

昭和から平成へと時代か移り変わっても、企業が採用を考える人となりに大差はないといいます。学歴偏重の考え方をする企業は少なく、多くの企業がその人の人間性を重視しているようです。企業によっては、今でも学歴によって採用の可否を決めているようで、特に最後の決め手になることもあります。

 

学歴が低い人の中には、数多くのエントリーシートを提出しているにもかかわらず、学歴スクリーンを突破できずにいるということもあります。多くの企業が、学歴以外の要素をチェックして、誰を採用しようか決めるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

企業にとって採用したい人物象は異なりますが、対人交渉能力や、自分の考えをはっきり言葉にできるかや、働く意思の強さなどがあります。人となりにしろ、能力にしろ、パリエーションが豊かなことに重きを置くような会社もふえています。

 

毎年、似たようなキャラクターの人を採用していると、会社の物の考え方が一面的になってしまいます。この先、会社が競合他社と争っても負けないような方針を打ち立てるには、色々な価値観のある人を集めることが大事だと考えるような人もいます。

 

多種多様な人材が、会社のために働くことで、それぞれの強みを活かした強い組織になることができるでしょう。今までの人生で自分が培ってきたことや、将来的に育てていきたい自分の能力についてよく考えて、転職や就職を目的とした活動をしていきたいものです。会社から採用されるためには、会社が求める人物象と、自分自信が周囲からどう見えるかの、2方向の視点が必要です。

 

一時期と比べものにならないほど求人の数が多くなり、今では驚くほど仕事が探しやすくなっています。経済情勢が低迷していたことで雇用を控えていた会社も、人手不足の解消のために求人枠を多くしています。求人数は増加の一途をたどっており、仕事がなかった頃からの様変わりぶりは驚くほどです。

 

業種によっては求人は多くなりましたが、依然として応募者のほうの倍率が高くなるような求人も存在しています。どんな人でも採用されるというわけではなく、求人を出していても、結局採用しない企業もあります。

 

企業としては有能な人材を求めて、一人一人の人格や能力を見極めていきたいと考えていることは、どの時代の企業でも共通のことです。いくら大勢の人を採用したいと思っている企業でも、求人を出す時にはある程度の要求水準があり、有能な人を探しているものです。履歴書による一次審査や、その後の面接で採用に値しないと判断されて、就職先が決まらないという状況もありえます。

 

大事なことは、もしも残念な結果を受け取ってしまって、その結果にこだわりすぎないことです。たまたま折り合いが悪かったということもありますので、次の求人を探してトライを続けていきましょう。一つの会社の結果が出るまで時間がかかる時は別の会社も受けておくなどの対応も大事です。

 

スポンサーリンク

 

就職活動を成功させるためには、その時々の流れに合わせて適宜行動をすることで、チャンスを掴むことです。

 

様々な条件で求人を出しているのに、新卒者の応募が一向に集まらないという企業が増えています。それまでの就職難とは状況は一変し、ここ数年は就職する側の売り手市場になっており、企業は採用活動で苦戦しています。

 

また、学生側は少しでもいい環境で働くためにと、大きな会社に人気が集まっています。規模の大きい企業には学生の応募が殺到していますので、その中から選べばよく、優秀な人材を集めることはそれほど苦戦していない傾向があります。

 

ですがその反面、中小規模の企業は新卒者を採用したくても応募者がいないという状態になっています。中小の企業は大企業ほどの待遇を用意することができないなどの問題があって、求人の内容が学生にとっては魅力が乏しく見えがちです。

 

新卒者が大企業ばかり応募していると、中小企業には応募が集まらず、人材を増やしたくてもうまくいかないことがあるわけです。就職サイトに求人を掲載していても、エントリーシートが期待したほど集まらず、そして面接に進んだ学生がいたとしても、ほかの会社の内定を得ているケースがほとんどです。

 

期待できる人材ほど別の会社の内定をとってしまって、中小企業に対しては内定辞退の連絡をしてくることがあります。最近は新卒者だけでなく、転職希望者も、大企業に入りたがる傾向があるといいます。

 

求める人材を適切に採用できている会社と、人材確保が思うようにいっていない会社との間には、大きな隔たりがあり、それは企業の今後の成長にも関係してくる要素といえます。就職活動をしている学生側だけでなく、学生の応募を待っている企業のほうにも、選ばれるための取り組みが大事です。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれています。