新卒の採用で学歴フィルターの有無を見極める方法とは

新卒

企業の求人に対して、新卒者の応募がとても少なく、学生は選び放題だと言われていることは正しいのでしょうか。高校、大学の新卒採用が非常に好調で、かつてないほどの売り手市場になっていると言われています。かつて、バブル社会以後の日本は求人倍率が伸びず、大学を卒業しても働き口か見つからないという状況になっていましたが、現在はその時とは全く状況が変わっています。

 

スポンサーリンク

しかし実際には、人気の高い大手企業に応募する学生が圧倒的に多く、それ以外の企業には応募者が少ないため、学生にとって激戦状態であることには変わりないという見方もあります。つまり、こういった人気企業の場合は、新卒採用はいまだに非常に狭き門であるのは昔も今も変わらない状況なのです。新卒の学生を採用する企業がふえてはいますが、一部上場企業などの人気企業の採用が増えているわけではありません。

 

高い人気を誇る企業への採用を望んだとしても、倍率が高ければ、思うような結果が得られない学生がとても多くなります。また、学生の多くは中小企業には目を向けようとしませんから、中小企業はますます人材不足に陥ってしまうのです。

 

この結果、中小企業は新卒の学生を採用することができず、大企業は応募者が殺到するといういびつな構図ができあがります。学生にとって、売り手市場だといっても本命の企業からの採用を得るには、油断はしていられないといえます。新卒で自分の希望する会社に就職するためには、やはり早い時期から企業研究をしっかり行い、間違いのない就職活動をしたいものです。

 

これから就職活動を開始する新卒予定者の間で、最近、関心を持たれているものが学歴フィルターです。学歴フィルターに阻まれると、一定の企業では、採用の見込みすらなくなってしまうというものです。学歴フィルターを設定して就職採用試験を行っているという企業は、ふえていると言われています。

 

スポンサーリンク

もちろん、うちの会社は選考時に学歴フィルターを使っています、と言う企業は存在しません。でも、もし学歴フィルターがあるなら知りたいと考えている学生は少なくないようです。学歴フィルターの話を明言するような企業がないことは、皆が知っています。そうなると、企業が採用するにあたって学歴フィルターを実施しているのかどうか見極めないといけないとなりますが、何を基準にして見極めれば良いのでしょうか。

 

企業がこれまでにどんな人を採用してきたかで、学歴フィルターの存在をある程度推測することができます。新卒採用者の出身大学がをオープンにしている企業は、それが手がかりになります。新卒採用者のナビサイトや、企業のホームページを閲覧し、どのランクの学生が採用されているかで、学歴フィルターが分かることがあります。

 

出身大学の名前に明らかな傾向があれば、その会社は学歴フィルターを利用して採用者を選抜しているという予測が成り立つというものです。出身大学がバラエティー豊かなら、学歴フィルターがないか、ごく薄いと見なされるわけです。新卒の採用において特に顕著な学歴フィルターの存在が気になる人は、こういった方法によって事前に確認することで、効率よくエントリー出来るようになります。

 

最近は、何よりも人間性を重視して新卒の学生を採用したい企業が増えています。何故なら、新卒の場合はまっさらな状態なのでスキルは無いというのが前提になっています。毎年、一定の新卒採用を行っている会社の立場からすれば、人材の育成については問題ありません。

 

スキルが高くなくてもいいので、これから教えて、一から十まで自社のやり方で仕事ができるような人になったくれたほうがありがたいこともあります。スキルを必要としてるのは新卒採用ではなく、社会人としての経験がある転職者を採用する場合です。かつては、いい大学を出ていい学歴があったほうが採用はされやすかったものですが、最近では学歴以外の要素を重視する会社も増加してきています。

 

新卒採用を担当する人も、その点は理解するようになっているため、企業によっては学歴情報は添え物程度に考えるところもあります。このように、新卒採用の際にはスキルや学歴は、以前ほど重要視されていないのです。人間性に問題がないことは、新卒の学生を採用する時には、多くの企業が近年、重視しているとされています。企業が新卒の学生に求めることは、今後同じ会社の社員として価値観を共有することです。

 

中途採用ならば純粋にスキルを見ていくでしょうが、新卒の場合はいかに一緒に働きたいかと感じてもらえるのかがポイントになります。新卒で就職活動に取り組むなら、素直さ、協調能力、コミュニケーション能力の高さが有利になります。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。