関市民花火大会 [第10回] 2018の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

川面にきらめき放つ色鮮やかな夏の花!

全国的に、世界的に刃物の町として有名な関市で行われる花火大会。

毎年、特大スターマインなどの趣向を凝らしたプログラムで楽しませてくれます。

 

スポンサーリンク

関市民花火大会(2018年)開催要項

開催日 2018年8月13日(月)
開催時間 19時30分~20時30分
天候不順の場合 雨天時:翌々日に延期
開催場所・打ち上げ場所 津保川河畔

 


 

花火 打ち上げ数 約7,000発
昨年の来場者数 約4.5万人
所在地 岐阜県関市稲口 津保川河畔
問合せ先 0575-23-6726 関市観光協会
駐車場 関市役所他 500台(無料)
交通規制・通行止め 当日は会場周辺で交通規制あり。国道248号線は渋滞が予想されます。
トイレ 3か所
アクセス方法(電車) 長良川鉄道 刃物会館前駅から南へ徒歩約15分
アクセス方法(車) 東海北陸自動車道関ICから県道17号を経由し、県道281号を関市役所方面へ車で5km。<無料>駐車場あり。市役所駐車場、会場までシャトルバスあり。

 

関市民花火大会(2016年)の様子

https://youtu.be/gLu1QpjImCU

関市民花火大会(2014年)の様子

https://youtu.be/_4gKTzCym5s

 

関市民花火大会の見どころ

津保川河畔を彩る岐阜県中濃地域最大級の花火大会です。

趣向を凝らしたスターマイン、超特大スターマイン、手筒花火、音楽とコラボしたミュージック花火など、様々なプログラムを用意して観客を魅了します。

1時間の間に約7000発の花火が上がり、見る方は息つく暇もありません。

 

スポンサーリンク

花火の種類

4号玉、スターマイン、手筒花火ほか

関市民花火大会 観覧穴場スポット

稲口橋の上

ここからだと、何の障害物のなく、花火を見ることができます。

津保川ウォーターフロントパーク

ここも花火大会会場の目の前なので、花火がよく見えます。

打ち上げ花火だけではなく、手筒花火、仕掛け花火も見たい場合には、ここがベストポジションですね。

関市民花火大会(過去)の口コミ情報

[char no=”5″]1時間で約7,000発の花火。最初は「こんなもの?」なんて思いましたが、だんだんと内容が良くなり、満足でした。[/char]

屋台、売店、露店の出店は?

昨年、屋台は60店ほど出ていました。

有料席は?

ありません。

駐車場情報

関市役所

昨年は、関市役所から無料シャトルバスが出ていましたので、今年も運行される可能性が高いです。

※運行時間は17:30~21:30

関市の見どころや名物は?

関市と言えば、世界的に有名な刃物の町です。そんな刃物について学べる場所がいくつかあります。

関鍛冶伝承館

この館では、日本刀がどうしてできるか、ビデオや実物を使い、説明してくれます。

全国的に見ても、このような施設はあまりないと思いますので、関市に行ったときには是非、立ち寄りたい場所です。

カミソリ文化伝承館・フェザーミュージアム

カミソリの文化と歴史を体験できるおもしろスポットです。

ナイフ博物館

世界のナイフや関で作った 珍しいナイフや 多くの種類のナイフが展示されています。

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

もし時間があるのであれば、花火大会だけではなく、刃物の歴史を昼間に学んでみては如何でしょう。

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。