さいたま市花火大会[大和田公園会場] 2018の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

見通しの良い会場が魅力!

さいたま市の花火大火のオープニングを飾る大和田公園の花火大会です。

早打ちのスターマインや大スターマインなどのスターマインが中心です。

 

スポンサーリンク

さいたま市花火大会[大宮 大和田公園会場] 2018 開催要項

開催日 2018年7月30日(月)
開催時間 19時30分~
天候不順の場合 荒天の場合は、翌日に延期。2日間とも荒天の場合は中止。
開催場所・打ち上げ場所 大和田公園


花火 打ち上げ数 約5,000発
昨年の来場者数 約10万人
所在地 埼玉県さいたま市北区・大宮区・見沼区 大和田公園
問合せ先 0180-99-3144(開通期間 7/21~8/20 ※延期の場合は8/22まで) NTTテレドーム
駐車場 なし
交通規制・通行止め 会場周辺の交通規制:あり(車両通行止等。マイカーでの来場不可)
トイレ あり
アクセス方法(電車) 東武野田線 大宮公園駅・大和田駅より徒歩約15分
アクセス方法(車) 公共交通機関をご利用ください。

 

大和田花火大会 2016(2016年) の様子

さいたま市大和田花火大会フィナーレ(2013年)の様子

さいたま市花火大会[大和田公園会場]の花火の見どころ

関東有数の規模を誇る埼玉県さいたま市の「さいたま市花火大会」で、3つの会場に分かれて開催されるうちの1つが、この大和田公園会場で行われる花火大火です。

※その他の2か所は「岩槻文化公園」、「大間木公園会場」となります。

大和田公園会場は周辺に高い建物がないので、どこからでも観覧可能。早打ちやスターマインなど、色とりどりの花火が夜空を焦がす。

 

スポンサーリンク

花火の種類

4号玉、スターマインなど

さいたま市花火大会[大和田公園会場] 観覧穴場スポット

大宮第二公園・第三公園

花火大会のメイン会場となる大和田公園の隣にある公園になります。第二公園と第三公園は道を隔てて隣り合っています。

広大な土地には芝生や遊水地など花火を見るのにぴったりな場所がたくさんあり、第三公園は少し大和田公園と離れている関係上、仕掛け花火を見ることはできませんが、打ち上げ花火については問題なく見ることができます。

市民の森

こちらの公園も花火大会会場から近い公園となります。

ここに行く場合には、大宮公園駅ではなく、JR宇都宮線の土呂駅からの方が近くなります。

花火についてはもちろん、キレイに見ることができます。

帰りも土呂駅を使えば、大宮公園駅などよりは比較的混まないようです。

荒川総合運動公園

ここは花火大会会場の大和田公園からは離れているところにあります。

打ち上げ花火はきれいに見える穴場スポットになります。

駐車場もありますので、車で行くこともできますし、電車の場合はJR京浜東北線の浦和駅が便利です。

さいたま市花火大会[大和田公園会場](過去)の口コミ情報

[char no=”4″]子供を連れて家族3人で行きました。打ち上げ近くはすごい混雑でいけないが高い建物がないのでいろんな場所から観られるのもこの花火大会のいいところです。[/char]

屋台、売店、露店の出店は?

露店 約400店

有料観覧席は?

例年の情報となりますが、

  • ペアシート席(定員2名) 1.2m x 1.5m 3,000円 162組
  • ファミリーシート席(4名用) 1.8m x 1.8m 5,000円 192組

※ 飲み物等は付きません(持ち込みできます)
※ 18歳未満の方は保護者の同伴が必要です

詳しくは、公式サイトにてご確認ください。

駐車場情報(有料)

主催者側で無料駐車場などは用意されていませんので、車で行く場合には駅周辺の有料のコインパーキングなどに停めることになると思います。

大宮公園パーキング

大宮公園近隣駐車場

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

大宮地区(大和田公園)、浦和地区(大間木公園)岩槻地区(岩槻文化公園)の3会場で行われる花火大会の1つです。

打ち上げ会場で見る場合は、絶対に蚊の対策が必須ですので、虫よけスプレーの持参や女性の方は肌を隠すような服装で行かれることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。