名張川納涼花火大会 2018 の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

三重県の北中部に位置する名張市。奈良県との県境に位置し大阪に仕事で通うサラリーマンも多く住むベッドタウンです。

歴史は大変に古く、1930年(昭和5年)の参宮急行電鉄(現近鉄大阪線)の開通を記念して始められ、今では伊賀地方唯一の花火大会となっています。

山間にあるため重低音を味わえる!

 

スポンサーリンク

名張川納涼花火大会(2018年)開催要項

開催日 2018年7月28日(土)
開催時間 19時50分~21時00分
天候不順の場合 小雨決行 ※荒天時は7月30日(月)まで順延
開催場所・打ち上げ場所 名張市新町 名張川河畔および黒田地区

 


 

花火 打ち上げ数 約5,000発
昨年の来場者数 約7万人
所在地 名張市新町 名張川河畔および黒田地区
問合せ先 0595-63-9148(名張市観光協会)
駐車場 朝日公園 約450台 ※昨年料金:500円/1回
交通規制・通行止め 当日は会場周辺で交通規制があります。(18:00から22:00予定)
トイレ  トイレは5ヶ所(計11棟)
アクセス方法(電車) 近鉄大阪線 名張駅西口から徒歩約15分
アクセス方法(車) 名四国道・上野ICから国道368号線、57号線経由で約20km

 

名張川納涼花火大会(2016年)

2015年7月25日三重県名張納涼花火大会フィナーレ

2014名張川納涼花火大会

名張川納涼花火大会

大会会場の傍にある愛宕神社の「愛宕の火祭り」による松明の川渡りや愛宕樽太鼓に続いて、花火の打ち上げがスタート。また、毎年変わるテーマによって花火が打ち上げられます。

 

スポンサーリンク

花火の種類

最大サイズは8号玉。スターマイン、仕掛け花火、文字花火など

名張川納涼花火大会 観覧穴場スポット

新町橋周辺(定番ビュースポット)

朝日公園

例年、駐車場(有料)として開放されていますが、見晴らしが良いため花火がよく見えるスポットです。車で来た人は自分だけの指定席としても良いかもしれませんね。

名張川納涼花火大会(過去)の口コミ情報

[char no=”1″ char=”男性A”]まじかで見られるので、とても大きな花火が見れます。[/char]

屋台、売店、露店の出店は?

昨年は約200店くらいのお店が出ていたようです。

有料席は?

有料の一般観覧席があります。

前列:2,500円(予定) / 他:1,500円(予定)

発売開始時期:7月上旬からの予定

販売場所:ブックスアルデ各店舗、アスピア事務局にて販売

チケットぴあ:Pコード 632-318 ※必ず、公式サイトにて番号をご確認下さい。

花火以外のイベントは?

先ほどもご紹介しましたが、愛宕の火祭り(新町・愛宕神社/19:30~19:50)があります。

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

電車で行かれる方は、ちゃんと帰りの時間を確認しておきましょうね。特に大阪や名古屋から来る人は注意です。そんな短い間隔で電車は来ませんので~

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。