綾瀬市商工会青年部花火大会[第42回] 2018の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

抜群のロケーションで行われる花火大会!

比較的珍距離から打ち上げられる花火が観客の真上で花開きます。

畑から打ち上げられる花火は遮るものがないため最高の見晴らしです。

 

スポンサーリンク

綾瀬市商工会青年部花火大会[第42回] (2018年)開催要項

開催日 2018年8月25日(土)
開催時間 19時30分~20時00分
天候不順の場合 雨天決行。荒天の場合は中止。
開催場所・打ち上げ場所 綾瀬市民文化会館前

 


 

花火 打ち上げ数 約2,500発
昨年の来場者数 約5.5万人
所在地 神奈川県綾瀬市深谷 綾瀬市民文化会館前
問合せ先 0467-78-0606 綾瀬市商工会
駐車場 なし
交通規制・通行止め 同日にまつりもありますので、早いところでは6時から交通規制されている道もあります。
トイレ 未定
アクセス方法(電車) JR・小田急・相模鉄道海老名駅から綾瀬市役所行バスに乗り20分 綾瀬市役所下車徒歩5分。小田急長後駅から綾瀬市役所経由綾瀬車庫行バスに乗り20分 綾瀬市役所下車徒歩5分
アクセス方法(車) 圏央道 海老名ICより約7.5km

 

綾瀬市商工会青年部花火大会(2016年)の様子

2015年の様子

2014年 の様子

綾瀬市商工会青年部花火大会の見どころ

畑のど真ん中で打ち上げられる花火。遮るものは何もありません。

打ち上げ海上までの距離は400mと近いため、迫力満点の花火が味わえます。

例年、スターマインが中心ののプログラム構成となっています。

 

スポンサーリンク

花火の種類

15号玉、スターマインほか

綾瀬市商工会青年部花火大会 観覧穴場スポット

花火は畑から打ちあがります。遮るものがないので最高のロケーションです。

穴場スポットを探さなくても、花火をきれい観賞することができます。

例年、夕方くらいに行っても、まだ場所が確保できます。

しいて穴場スポットを上げてみると・・・

打ち上げ場所畑の反対側

打ち上げ会場から少し遠い、反対側になります。

綾瀬タウンヒルズSC

綾瀬市にあるショッピングモールになります。屋上駐車場から花火を観賞することができます。

飲食やトイレに困らないのが最大のメリットですね。

海老名サービスエリア下り

打ち上げ場所から離れてしまいますが、静岡方面に向かって帰る予定がある方は、ここで休憩がてら花火を観賞しては如何でしょうか。

綾瀬市立図書館

会場から少し離れているだけですので、花火大会の迫力を味わうことはできます。

綾瀬市商工会青年部花火大会(過去)の口コミ情報

[char no=”5″]空から降ってくるような感覚で花火を見ることができます。毎年、見に行っていますが、今年も行きますよ。[/char] [char no=”4″]子供たちの夏休み最後の花火大会で毎年、見に行くようにしています。[/char]

屋台、売店、露店の出店は?

未定

有料席は?

ありません。

駐車場情報

例年、マイカーでお越しの方のために、臨時駐車場が用意されています。

約650台分、3か所になります。

綾瀬市役所

駐車台数:148台

多目的広場

駐車台数:470台

会場から信号2つ超えた北側の臨時駐車場

駐車台数:40台

綾瀬スポーツ公園

駐車台数:470台

尚、多目的広場駐車場からは、無料シャトルバスが会場まで運行される予定です。

当日は周辺の小学校も臨時駐車場として開放される予定です。

ただし、台数に限りがありましす、お昼過ぎごろには混雑してくるようなので、早めに到着しておくと安心ですね。

会場周辺は一部道路が車両通行止となるのでくれぐれも注意してくださいね。

また、バイクでお越しの方は、市役所南側広場と図書館前に臨時駐輪場が用意されていますので、そちらをご利用ください。

同日のイベント

「あやせ大納涼祭」が開催されます。

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

花火の発数自体は他の花火大会に比べて少ないですが、この花火大会の最大の特徴は打ち上げ場所が近いことです。

頭上で花火が打ちあがります。一度、ここの花火を見たら、他の花火大会が物足りなくなると思います。

間近で見られる花火、一度、体験されてみては如何でしょうか。

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。