年会費無料のクレジットカードは本当にお得なのか

クレジットカード

クレジットカードの発行に必要な手順とは

新しいクレジットカードを必要としている時は、カード会社のホームページにアクセスして、申し込み手続きをするという方法が簡単です。指定のフォームに住所や氏名、年齢、勤続年数や勤務先の会社名を記載して、送信するだけでOKです。

 

クレジットカード会社は、申し込み者が送った情報に基づいて審査を行い、カード発行をするか決めます。審査が通過したかどうか分かるまでの日数は、クレジットカード会社や申し込み者の信用度などによって異なってきます。

 

審査を行い、カードを発行するだけの信用が足りていると判断されれば、3、4日くらいでクレジットカードが届きます。もしも過去に返済トラブルなどがあり、信用情報があまり良くない状況であれば、審査が長引いてしまうこともあります。

 

クレジットカード会社によっては、収入証明書などを追加で提出する必要があるものもあります。どんな人にクレジットカードを発行するかは、カード会社によって判断が異なりますが、月々の安定した収入があればクレジットカードは発行可能です。

 

これからつくるクレジットカードとは別に、他のクレジットカードで返済を遅らせたり、ローンの返済ができなかった人は、審査では不利に判断されます。審査に落ちると当然のことながら、クレジットカードの発行はできなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

金融会社はそれぞれ、申し込み者の信用情報を確認できますので、過去に延滞や返済不能を起こしていると、新しいクレジットカードをつくろうとした時に審査で照会されます。クレジットカードを発行してもらうためにも、返済トラブルだけは起こさないように心がける必要があります。

 

クレジットカードを即日発行してくれる会社はあるのか

お金がすぐに必要という場合、なるべく即日発行をしてくれるクレジットカードに申し込みをしたいものです。できるだけ早くクレジットカードを発行してもらいたいときはどうすればいいでしょう。名前がよく知られている有名なクレジットカード会社は、大抵は審査に4~5日はかかりますので、カード発行まで1週間は待つことになります。

 

平均的には、申し込みから発行までには1週間ぐらいはかかってしまうものです。そんな中で、わずかならがでも即日発行してくれるクレジットカード会社があるのです。店頭に直接足を運んで手続きをする必要があるのですが、即日でクレジットカードを手に入れらることができます。

 

窓口で申し込み手続きをして審査通過の通知を受けたその日に、新しいクレジットカードを手渡してもらえるのです。即日でなくてもいいので、できるだけ時間をかけずにクレジットカードを発行してもらいたいなら、カード会社の翌日発行サービスが便利でしょう。

 

インターネットで、翌日発行が可能なクレジットカードについて調べてみると、情報が見つかります。急な入用があってクレジットカードがすぐに必要な場合、翌日に入手できるのであれば、かなり便利です。

 

このようにスピーディーな発行をしてくれるクレジットカード会社は少なくありません。諦めずにクレジットカード会社のサイトで情報収集すれば、即日発行が可能なところを見つけることができるでしょう。

 

クレジットカードの申し込みから発行まで手続きについて

新しいクレジットカードを発行してもらうためには、申し込み手続きをした上で、審査を受ける必要があります。クレジットカードの発行手続きはカード会社の公式のホームページから申し込みがとても簡単にできます。

 

氏名や住所、生年月日や連絡先電話番号など、特に問題がなければ15分程度で必要事項を入力することができるでしょう。申し込み用のボタンを押した時点で、必要な情報はクレジットカード会社に送られますので、審査を受けられます。

 

この情報を受け取ったクレジットカード会社は、まずあなたの信用情報を調べることになります。審査を受けることで、クレジットカードを発行しても支払いをきちんとできる顧客化を見極められます。もしも、信用情報に問題があると、クレジットカードの発行ができないということもあります。

 

つまり、信用情報がクリーンであればあるほどクレジットカードが発行される確率は高まるわけです。クレジットカードの審査でOKが出れば、新規のクレジットカードが発行され、数日で手元に届くようになります。

 

クレジットカード会社が行っている審査の内容はこちらにはわかりませんが、さほど難しい話ではありません。これまでの支払いをきちんとしていれば、審査に引っかかってしまうことはほぼ無く、クレジットカードは発行されます。

 

現在、どの金融会社にいくらの借り入れをしているかや、滞納履歴や、返済トラブルをした経験があるかが、審査ではチェックされます。

 

年会費無料のクレジットカードは本当にお得なのか

かつては、大抵のクレジットカードは1年に1度の維持費を支払わなければなりませんでした。ちょうどインターネットの通販が盛んになってきた頃と時を同じくして、年会費無料のクレジットカードの発行が増えました。

 

スポンサーリンク

近年では、クレジットカードを年会費無料の状態で持つことは、よくある話になっています。年会費が有料のものと無料のものではどちらが得なのか、少し考えてみれば誰でも分かることです。クレジットカードの年会費無料サービスは、他の付帯サービス同様、カードを持つ時の魅力的なポイントといえます。

 

クレジットカードの利用頻度が多く、お得な使い方をしていきたいという人は、実際に自分がどのようにカードを使うかで、年会費無料を選ぶかどうかを決められます。年会費の必要なクレジットカードの場合、年会費無料のクレジットカードよりも、付帯サービスやポイント還元率が充実しています。

 

ポイント還元率については年間利用額によって簡単に計算することができますが、サービスに関しては簡単には計算することができません。年会費のかかるクレジットカードの中には、海外旅行保険がついているタイプや、空港のラウンジが使えるサービスなどがあり、必要性や、利用頻度によって、得かどうかは異なります。

 

相対的に考えてみれば、クレジットカードの利用額が多いと自分で認識している人は年会費有料のクレジットカードの方が有利でしょう。時々、大きな買い物をする時に限ってクレジットカードを使うというくらいなら、年会費無料でOKでしょう。利用頻度や、サービス内容を考えた上で、年会費無料のクレジットカードにすべきかを考えてみるといいでしょう。

 

年会費無料のクレジットカードでもサービス内容は充実

クレジットカードの中には年会費無料のものがありますが、年会費がかからなくてもクレジットカードを使った支払いに問題はありません。かつては年会費を請求されるクレジットカードが一般的でしたが、最近は年会費が発生しないクレジットカードも多くなり、利用者も増加しています。

 

そうなると年会費が有料ものと年会費無料のもので、どの程度サービスに差が出るのかを把握しておき、どちらが自分のライフスタイルや利用方法に合っているか考える必要があります。一般的に言えば、年会費が必要なクレジットカードは、利用出来るサービスの幅が広かったり、ポイントなどの還元率が高かったりすることが多くなっています。

 

クレジットカードで年会費無料のタイプは、買い物をする時の支払いに使える以外には、サービスはついていません。年会費の有料のクレジットカードは、年会費無料のカードと違い、ホテルの予約を優先的に行えたり、海外旅行保険がついていたり、空港のラウンジを無料で使えるなどの特典がついています。

 

ポイントのつき方は、カード決済額に対して、年会費のいるほうが1%前後高めになります。年会費の発生するクレジットカードは、年間で利用しているクレジットカードの決済額がより多い人のほうが、付帯サービスを使いこなしやすいようです。

 

反対に余りクレジットカードを利用した買い物をしない方なら、年会費無料のタイプが良いと言うことになります。但し、年会費無料にも初年度のみ年会費無料で、2年目からは年会費が必要になるタイプなどもあるので注意しましょう。

 

事前に下調べを済ませておいて、間違いなく年会費無料かを確認することが、クレジットカード選びでは大事です。同じ年会費無料タイプでも、より多くのサービスが利用できるクレジットカードや、ポイント還元率か高めに設定されているものもあるので、調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。