銀行の住宅ローンを少しでもお得に利用するためのコツ

不動産投資

銀行で住宅ローンとカードローンの併用リスクとは

住宅ローンの借り入れは、できるだけ金利を低く抑えることが大事です。銀行融資なら、借入期間が長く、返済額も高額ににりがちな住宅ローンでも低金利で借りられます。

 

銀行から融資をうける場合、給与口座を開いていたり、まとまった金額を預けている預金口座を持っていれば、貸し付けに際して優遇措置を受けることもできて便利です。住宅ローンを利用している銀行から、カードローンを利用すると金利が低く抑えられることもありますので、お金のやりくりをしやすくしてもらえます。

 

住宅ローンの借り入れを行っている銀行からカードローンも利用しようとすると、手軽な面もありますが、不利に働くこともあります。低金利でカードローンが利用できるという点は魅力的かもしれませんが、双方の返済を滞りなく済ませることができないと両方とも返済が難しくなります。

 

住宅ローンとカードローンの片方の返済が難しいければ、もう一方も難ししくなります。借りたお金を期日通りに返すことができなければ、担保になっていた家の権利が銀行に移ってしまいかねません。住宅ローンの借り入れには、家を抵当にあてる必要がありますので、万が一貸し倒れが起きた場合は銀行は家を差し押さえます。

 

スポンサーリンク

もし住宅ローンの返済ができなくなると、家や土地を売却して、そのお金を残債の支払いに充当しなければなりません。保証会社があっても、家を手放さざるを得ないでしょう。

 

カードローンで借りたお金を返せなくなるということは、住宅ローンの返済も危うくなるということなので、担保に入れた土地や建物が危うくなるのです。貸したお金をきちんと返済できるかどうかは、住宅ローンの審査を受けた時に銀行側がしっかりと確認しています。

 

銀行が気にするだけでなく、無理なく返済ができる金額に留められるように、住宅ローンの借入額は調整しましょう。

 

銀行の住宅ローンで借入する際に考えるべき重要な事

銀行の住宅ローンは金利が低水準な時だけに、固定金利とすべきか変動金利とすべきか、どちらにすれば良いのか悩みます。低金利での融資が可能な現状では、金利が上がっていく一方だからと固定金利を選ぶ人もいますが、変動金利も人気があります。

 

十年先、二十年先に日本の景気がどう変化し、金利がどう変わっていくかはわからないので、模範解答が存在する命題ではありません。もしも住宅ローンを利用することになったら、金利は固定にするか変動にするかの選択を迫られますが、それ以前の問題として心得たいことがあります。

 

賞与を当てにして返済プランを立てるのではなく、無理なく返済できるようにしておくことです。これからも確実にボーナスが得られるという見通しはなく、まだ金利が急に上がらないことのほうが確実なくらいです。

 

また余裕を持った返済計画とし、余裕分は将来のためにしっかりと貯蓄すべきです。住宅ローンは大口の融資を、時間をかけて返済していくスタイルになりますので、毎月の返済金額は大きくしすぎないことです。

 

定年によって仕事を辞めてからも、住宅ローンの返済を続けようとすると何かと大変です。退職金や、貯金を使って残りの支払いを終わらせましょう。可能なら、退職金は使わずに、貯金で住宅ローンの支払いを済ませましょう。

 

老後の生活を安心して続けられるように、ローンの返済は済ませておいたほうが賢明です。住宅ローンの返済は無理なく続けられる範囲に留めておいて、もしも金利が上がった時には貯金を利用して繰り上げ返済をしてしまうことで、返済負担を少なくすることが可能です。

 

固定金利を選ぶか、変動金利を選ぶかは難しい問題ですが、いずれにせよ確実に返済ができる体制を整えておくことが大切なポイントです。

 

銀行の住宅ローンを少しでもお得に利用するためのコツ

新規に土地や住居を買う時には、資金を調達する手段として住宅ローンを使いますが、事前に知っておきたいことがあります。この頃は低い金利で融資を受けられることから、住宅ローンは使いやすくなっています。

 

スポンサーリンク

銀行や、金融会社から借りるという人がたくさんいます。銀行は、ローンの審査基準が厳しく設定されていますので、住宅ローンの申し込みをしても融資を断られることがあります。住宅ローンを利用するには、銀行の審査をクリアしなければなりません。

 

審査では、年収、勤続年数、仕事の内容などで判断されます。これらの条件を全て満たせる人でなければ、住宅ローンの審査通過には苦労する可能性が高いのです。銀行で住宅ローンを借りる場合は、その金融機関によって金利や審査条件に違いがあります。

 

もしも、始めの銀行では融資NGが出たとしても、別の銀行なら問題なく住宅ローンの融資が受けられることもあります。住宅ローンの申し込みをする前から銀行口座を使っていたり、給与の振込口座に指定していると、住宅ローンの金利が優遇されることもあります。

 

基本的には申し込み者の信用が重視されますが、それ以外のちょっとした部分で審査の基準に違いが出ることもあります。インターネットで住宅ローンの申し込みを受け付けている銀行は多いので、近くの銀行である必要はありません。

 

ネット銀行は審査通過は簡単そうにみえますが、実際には一般的な銀行と比較しても審査に要する時間はかなり長めになっています。平均的に1ヶ月前後かかるという話もあるので、急ぎの場合には銀行や信用金庫の住宅ローンを利用することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。