クレジットカードの使い方は限度額を決めて管理することが大切

クレジットカード

財布に1枚クレジットカードがあればいつでも買い物ができますが、後先考えずにたくさん買い込んでしまう人もいます。返済能力をオーバーする買い物をしてしまい、請求金額を見て青くなる人もいるでしょう。

 

けれども、今やクレジットカードは私達にとってなくてはならないものになっています。返済しきれない金額の買い物をカードでしないように、クレジットカードの利用額を大体知っておきましょう。分割払いにすると利息がつきますし、金額の確認が難しくなるので、基本的には一括払いで決済をしましょう。

 

どのクレジットカードも、1カ月の限度額がありますが、余裕を持って使うようにして、使いすぎの常態化を避けましょう。現金で支払った時と同じ支払い額にするには、一括払い以外は使わないことです。

 

もしもクレジットカードでショッピングをするなら、次の支払い日に一括で全額払い終える習慣をつけましょう。分割で支払っていれば、1カ月ごとのカード支払い額を減らすことができますが、その後もクレジットカードを使うなら、返済が長引かないほうが楽です。

 

スポンサーリンク

普段の買い物の利便性を高めてくれるクレジットカードは、適切な使い方をしないと想定外の問題が起きることもあります。クレジットカードを使う時には、期日までの支払いをきちんと守らないと、次にローンを組む時の審査で信用情報に悪影響を及ぼしかねません。問題なくクレジットカードを使うには、カードを使った買いすぎはしないことと、できるだけ一括払いにすることです。

 

通常の買い物は勿論、ネットショッピングや公共料金の支払などに活躍するのがクレジットカードです。クレジットカードの支払い方法は、金利に基づく利息がつく時と、つかない時があります。大抵の場合クレジットカードは一括払いで済ませますので、利息はつきません。

 

多くの人は一括で使っているようです。クレジットカードをキャッシングに使ったり、リボルビング払いや分割払いにすると利息がついてしまいます。リボ払いは、月々の支払いに上限を決めてカードの支払いをしていく方法で、残高スライド方式や定額方式などがあります。

 

リボ払いを選択すると残高がいくらであっても毎月の返済額が一定なので、支払いの負担が増えないのが特徴です。リボ払いは少額の返済から対応しているため、手元にお金が無くても利用しやすいというメリットがあります。

 

とはいえ、リボ払いのデメリットは、完済まで時間がかかり、それまで利息がつくことです。分割払いも、月々の支払金額を回数で頭割りして毎月少しずつ支払いますが、何カ月で支払いが終わるかを事前に決めておけます。

 

スポンサーリンク

分割払いは、返済回数を多くすると月々の返済負担が軽減されますが、支払い終わるまで何カ月もかかりますし、利息もつき続けます。クレジットカードにはキャッシング枠が設定されており、融資を受けることができますが、手数料がつきます。金利が発生する支払い方法を選択する際には、きちんと事前にどの程度かかるのか把握した上でクレジットカードを利用したいものです。

 

クレジットカードで決済をした時は、分割払いの回数を増やすと利息がふえますので、気をつける必要があります。お金を持ち歩かずとも、クレジットカードを持っていればショッピングに不便しません。

 

現金をいくらもっているか気にかけなくても、クレジットカードが使える状態にさえなっていれば、支払いについては心配いりません。ショッピングにクレジットカードを選ぶと、次の支払い日にまとめて請求されます。

 

利息なしで支払いたいなら、一括払いにしましょう。クレジットカードでの支払いは、一括払いにすれば利息はつきません。分割払いにすると利息がつき、支払総額が決済額よりも高くなってしまいます。

 

クレジットカードを利用してショッピングした場合の金利はそれほど高くはありませんが、商品代以上のお金を支払うことになります。せっかく安い商品を見つけて買い物をしていても、その都度分割払いでクレジットカードを使っていては、高いものをカードを使わず買った時と同等になりかねません。

 

買い物をする時はクレジットカードを使ったほうが何かと重宝しますが、一括払いで済むようにしておくことが大事です。基本的な機能のほか、様々なサービスがクレジットカードにありますので、自分にプラスになるような使い方をしましょう。

 

クレジットカードの支払いに使える金額によっては、まとまった買い物をした時に限って分割払いを利用したほうが都合がいいこともあります。クレジットカードで買い物をした時は、分割にしたほうが何かと好都合なこともありますが、利息については理解しておきましょう。

 

特に利用金額が大きい場合で分割にするとかなりの金利の負担を強いられることになりますので、クレジットカードの使い方には注意しなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。