暮らしが豊かになるクレジットカードのお得な使い方

クレジットカード

買い物などをする際には現金でお金を払う場合とクレジットカードで払う場合があります。クレジットカードは社会人になれば誰もが作ることのできるカードですが、いまは大学生のクレジットカードもあります。

 

普段からお金を持ち歩かずとも、クレジットカードを持っていれば決済に支障はありません。コンビニやスーパーでのちょっとした買い物をする時でも、今やクレジットカードの利用が当たり前になりました。

 

普段からクレジットカードがあれば、重たい小銭を持ち歩かなくても、物を買う時や、食事をする時に不便になることもありません。細かな現金を数えてやり取りする煩雑さも、クレジットカードにはありません。

 

スポンサーリンク

通常、現金支払いで買い物をした時には、ポイントが入ることは一切ありません。しかし、同じ買い物だとしても、クレジットカードを使用することで、ポイントを得ることができます。月々の公共料金の支払いをクレジットカードからの引き落としにしておくと、それに対してもポイントがつきます。

 

還元率はそれほど高いものではありませんが、継続して使用していれポイントが積み重なっていきます。高価な買い物をする時にクレジットカードを使うと、分割払いに設定することで月々の一定の支払いで買い物ができます。ちょっとした買い物でもクレジットカードの存在を忘れないことで、お得で便利な買い物ができます。

 

手持ちの現金がない時でも、クレジットカードを持っていれば問題なく買い物ができます。便利だからと際限なく使っていると、支払い能力を超えてしまう人も少なくないようです。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの使い方は全て自己責任ですので、失敗しないためにもクレジットカードは上手な使い方をしなくてはいけません。基本的には一括払いでのみクレジットカードを使うことが、カード絡みの問題を発生させないポイントです。

 

クレジットカードで買い物をした時は分割払いもできますが、分割で支払うと利息がつく分返済負担が増えます。簡単に利用できるあまり、意識せずに分割払いにしてしまう人もいますが、一度利用してしまうといつまでも返済が終わらなくなってしまいます。

 

クレジットカードを使う時には一括払いと決めておいたほうが、金銭トラブルに発展せずに済みます。気軽に使え過ぎてつい無駄遣いしてしまうと、クレジットカードの請求額が膨らみすぎてしまいます。

 

自己管理のできる方なら問題はありませんが、そうではない人には無計画なクレジットカードの使い方はオススメできません。その月にクレジットカードで何を買ったか、明細を保管して金額をチェックしておいてもいいでしょう。

 

クレジットカードを使うのは、家賃と水道光熱費が基本で、あとは幾らまでという決め方もあります。これら毎月の支払いをクレジットカードにするだけでも、年間にかなりポイントが貯められるので、賢い使い方と言えます。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。