意外と知らない人が多いキャッシングとヤミ金の違いについて

クレジットカード

今すぐに現金を調達したいという時に、金融会社のキャッシングを連想する人は多いのではないでしょうか。大手の消費者金融会社は親しみの持てるCMをテレビで流すなどしてイメージアップに励んでいます。

 

ヤミ金という言葉から、キャッシングの利用は恐ろしいものと思っているような人もいます。キャッシングのことをヤミ金というち勘違いをしている人もいますが、この2つには大きく違う点があります。

 

キャッシングは、国が定めた法律に基づいて運営されている会社組織が行う金融サービスです。法律の範囲内でのみ融資を行っていますので、金利の設定も上限がありますし、短い期間で強引な返済を迫るといったこともできません。

 

ヤミ金は、法律の目をかいくぐってお金の貸し付けをする違法な業者のことです。法律を守らないので、どんな貸し付けも行います。貸金業を営む時には、もともとは財務省に登録手続きをしなければいけませんが、ヤミ金はそもそもその登録をしません。

 

スポンサーリンク

返済が困難な条件をふっかけてくる可能性もありますので、避けたほうが無難な相手といえます。ヤミ金の融資は金利が不当に高かったり、無理矢理高額の融資をしてきたり、短期間で返済請求をされることもあります。

 

かつては高金利の代名詞にトイチという言葉はありました。10日借りると1割の利息がつくというもので、ヤミ金の悪徳さを示しています。もしも金融会社から融資を受けたいと思ってもヤミ金は利用せずにね、キャッシングやカードローンを扱う金融会社を利用することが大事です。

 

キャッシングはヤミ金を利用するとリスクが伴うのでなるべく避けたほうが良いでしょう。すぐにてもお金を借りたいけれど、事情があって銀行や消費者金融会社が利用できないという人は、審査のハードルが低く設定されているヤミ金に頼ろうとする可能性があります。

 

一般的な金融会社からお金を借りたくても、他社借入件数が多いなどの理由で断られるような人は、ヤミ金を使うことがあります。ヤミ金は、法律で定められた金利以上の高金利で貸しつけることがあり、一旦借りたお金を返済するのに手間取ってしまうことがあります。

 

毎月の返済を続けているにもかかわらず、返し終わらないこともあります。多重債務者の場合は、普通の消費者金融では門前払いというのが当たり前になってきます。それでもお金がどうしても必要という場合は、ヤミ金からお金を借りてしまうケースが少なくないようです。

 

ヤミ金を利用して、後で大変な思いをするのは自分です。他の突破口があるならそちらにしたいものです。国内のキャッシングに関する法律を守る気がないところがヤミ金です。金利や、返済の請求などでの違法行為はお手の物です。

 

スポンサーリンク

ヤミ金に頼る前に、お金を得るための手段は他にないかよく考えましょう。融資が受けられる金融会社があるかもしれません。小さなキャッシング会社でも、事情を話して相談に乗ってもらうことで、わずかなりとも融資を受けることができたりもします。

 

つまり大手よりも中小の消費者金融を当たってみることで、よりキャッシング審査に通る確率が高まるので一度試してみると良いでしょう。

 

キャッシング未経験の人が、初手からヤミ金から借りるということはまずないでしょう。しかし、一般的な銀行や消費者金融会社から融資を受けることが難しくなった人は、ヤミ金を使うことを検討しがちです。

 

現状では、ヤミ金を利用する以外に現金を調達する方法がないというほど追い詰められることがあります。ヤミ金は、たとえ最後の手段でも選ぶべきではない選択肢です。ヤミ金はそもそも法律を守らすに融資を行っているような違法な業者ですから、何をされるかわかりません。

 

ヤミ金から融資を受けると、高い金利をつけられたり、返済の取り立てが強引なものになることもあります。一度お金を借りて、返済が住めば終わりという簡単なものではありません。一回ヤミ金と関わりを持つとね、後々まで後悔することになります。

 

キャッシングの申し込みをしても、返済能力がそれほど高くないと判断された人は、金融会社の審査に通らないことがあります。たとえ多重債務状態でも、探せば融資OKという金融会社を見つけられることもありますので、まだ希望はあります。

 

融資可能な金融会社を見つけるまで手間どるかもしれませんが、根気よく調べていくうちに出会えることがあります。ヤミ金を使うより、マイナーな消費者金融会社から借りたほうがよほど安心できるでしょう。

 

ヤミ金は審査に通りやすいですが、金利は高く、取り立てが強引になる傾向がありますので、関わり合いを持たないことが大事です。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。