クレジットカードのポイントをたくさん貯めるコツ

クレジットカード

クレジットカードのポイントには、有効期限があるのでポイントの失効に注意しなければ損をしてしまいます。クレジットカードを利用していると、毎月ポイントが利用額に応じて付与されていきます。大抵のポイントには有効期限がついています。

 

期限の切れたポイントは失われてしまうので、使わずにすると損をします。基本的にクレジットカードのポイントの有効期限は、2年間に設定されているケースが多いので、この期間を過ぎないように注意しましょう。

 

さらに注意しなければいけないのは、最終利用日から1年間と決められているクレジットカードもあることです。1年間、一切ポイントを増やしていないクレジットカードに対しては、ポイントがリセットされるという利用条件がついたクレジットカードがあります。

 

スポンサーリンク

せっかく貯まったポイントが失効してしまわないうに、必ず年1回はクレジットカードを利用するようにすると良いでしょう。また一部のクレジットカードでは、ポイント有効期限が無期限という場合もあります。

 

ポイントの期限が決まっていないので、何年たってもポイントをキープしておくことが可能です。注意しなければならないのは、いつまでもポイントの交換レートが同じではないという点です。

 

しかし、その交換レートは一定ではなく、クレジットカード会社が変えてしまうことも少なくありません。ポイントを消費して得られるサービスの内容は、ある時を境に全く違うものになったり、サービスが終了したり、あてにしていた景品がなくなることもあります。

 

クレジットカードで決済をする度にポイントが入ることを楽しみにしている人がいます。還元率の高いクレジットカードで決済をしていれば、日々のショッピングに活用しているだけでいつの間にかポイントがふえているということは珍しい話ではありません。

 

どういう工夫をすると、クレジットカードのポイントが早く入るでしょう。それはなるべく、支払い全てを現金では無く、クレジットカードにしてしまうことです。自力で家計簿をつけておかなくても、クレジットカードに買い物を集中させることで月々の支払い明細を確認しやすくなり、お金の把握が簡単になります。

 

クレジットカードに対応しているお店はふえており、現金はほとんど持っていなくても不便をすることはなくなりました。かなり小さなお店でなければ、クレジットカードで買い物ができるようになり、日用品や食料品もカードで決済が可能です。

 

スポンサーリンク

どうしても小銭でなければ買い物ができない時以外は、クレジットカードで買い物をするのもいい方法です。習慣化してクレジットカードで決済を続けていれば、ポイントを増やすつもりがなくてもどんどん入ってきます。

 

たくさん貯まったポイントは、商品を交換できたり、無料航空券がもらえたりとたくさんのメリットがあります。

 

自分が持っているクレジットカードのポイントはどんな使い道があるのか、まずはチェックしてみるといいでしょう。新しくクレジットカードをつくる時には、ポイントの還元率や、貯まったポイントの使い道を調べておくとお得です。

 

クレジットカードのポイントを速やかに増やしたいという人は、ポイントのキャンペーン開催や、還元率について調べてみることです。クレジットカードのポイントを賢く貯める方法は色々あるのですが、まずはメインで使用するクレジットカードを決めることが重要です。

 

クレジットカードの中には、特定の店での決済にポイントが多くつくものがあります。利用金額の大きい店があれば、そこのカードを選ぶといでいでしょう。まず押さえておきたいのは、買い物は徹底してクレジットカードで支払いをするということです。

 

店舗によっては、キャンペーンやイベント機関にクレジットカードで買い物をすると、ポイントが3~5倍になるサービスがある場合もあります。普段の買い物とは別に、高額の買い物をしたい時はポイントが多い時にするといいでしょう。

 

クレジットカードを選ぶ時に、日々の買い物でポイントを貯めやすいカードかを見極めることも大事です。付帯サービスの使いやすさは相性があります。特に女性の場合、女性専用のクレジットカードを選べば常にお買い物の時にはポイントが倍になるという特典もあるのでおすすめです。

 

1年間で使うクレジットカードの利用額によっては、年会費のかからないカードより、あえて年会費の発生するカードがいいこともあります。年会費が有料の場合はポイントの還元率が高くなっており、年会費を支払ったとしても、お得になるケースが少なくありません。

 

1人で複数のクレジットカードを持っている人も増えていますが、ポイントを貯めやすくするには1枚のカードで買い物をする機会を多くして、効率的にポイントをつけることです。ポイントの還元率や、たまったポイントの使い道などもクレジットカードを選ぶ基準の一つになるでしょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。