無職でもキャッシングをしてお金を借りるためのコツ

クレジットカード

キャッシングを利用したいと思っているけれど、無職なので融資を断られると考えている人がいます。もしも現金を必要としており、キャッシング融資を希望していても、無職の場合は融資を受けることができません。

 

金融会社がお金を貸す時には、日本国内でつくられた法律を遵守しなければ違法行為になります。貸金業法という法律の項目の中に総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の借入れはできないようになっています。

 

年収がないとキャッシング融資は受けられませんので、金融会社は審査の結果を確認した時点で融資不能と判定します。キャッシングを利用する時には、月々の収入が安定していないと融資が受けられません。

 

当然ながら、無職のままでいると収入は一切ありませんので、返済能力に不安があると判断され、融資は断られます。実際、キャッシング会社から融資を受けることができても、無職で収入がなければ返済は不可能です。

 

スポンサーリンク

貸したお金が返ってこなければ、金融会社としても大損になるだけですので、無職で返済能力が低そうな人には貸したいと思いません。しかし、専業主婦など配偶者の収入がある場合には、まったくキャッシングできないという訳ではありません。

 

キャッシング融資を受ける時に配偶者貸付制度を使うことで、夫婦の年収を足し合わせて、合計年収の1/3までのお金を借りることができます。

たとえ無職でも、条件をクリアすればキャッシング融資を受けることができる場合がありますので、相談してみるといいかもしれません。

 

キャッシングは銀行や消費者金融などで申し込みをすることができますが、無職の場合は審査に通過することはできないでしょう。キャッシングの最低限の条件として、毎月定収入があるということが挙げられています。

 

そのため、無職の状態でキャッシングの申し込みをしても、審査にパスしない見込みが高いでしょう。つまり申し込みをする際に、年収記載欄や仕事先の名前や住所なども必要になるため、無職の人は何も書けないということになるわけです。

 

スポンサーリンク

キャッシングをしてお金を借りたいのであれば、無職という肩書きを変えなければなりません。アルバイトや、派遣労働者でもOKなので、働き口を探すことを優先してください。もちろん消費者金融や銀行によっては、正規の仕事ではなくバイトやパートの場合は、審査に通らないこともあります。

 

収入の額はもちろんのこと勤続年数なども審査の対象となるので、通るか通らないかは一概に言えません。無職でキャッシング融資を受けたいと思っている人は、仕事を得ることがまず大事です。仕事はどのような形態での雇用でも良いので、それほど難しく考える必要はありません。

 

探しの第一歩を踏めば、そもそもキャッシングする必要もなくなる可能性もあります。仕事さえ見つかれば、毎月の収入は確保できますし、キャッシングの審査にも通りやすくなるでしょう。

 

今すぐにお金がいるという時は、キャッシング会社から融資を受けるという方法がありますが、無職の場合は融資は受けにくくなります。金融会社に申し込みをしたところ、無職だったせいで融資を断られてしまったという経験をした人もいます。

 

金融会社が無職の人に融資を行わないのは、どういう理由からでしょう。返済能力は、毎月の収入が安定して高い人ほど良く、収入のない無職は返済能力が低いと判断されます。金融会社からすれば、確実に返済してくれる人に貸したいのかもしれませんが、借りる側は無職だからお金が足りなくなるものです。

 

とにかく無職でなくなるために、アルバイトでも、派遣の仕事でもスタートするしかないでしょう。働いているか、無職なのかで、金融会社の審査結果はガラッと変わることがあります。月収があまり多くなくても、キャッシングの審査を受ける時に一定の収入があれば、無職の状態と比較すると雲泥の違いがあります。

 

高額のアルバイトでなくても、自分の稼ぎで得る収入を確保するところから開始するようにしましょう。インターネットや、無料求人誌なとでアルバイトの求人を探すことは難しくありません。必要な金額によりますが、アルバイトを始めたことで、キャッシングの利用が不必要になることもあります。無職でなくなることで月々お金が入るようになり、キャッシングも利用しやすくなります。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。