キャッシングとカードローンの違いと特徴について

カードローン

お金に困ったときに便利なのが消費者金融や銀行のサービスであるフリーローンのキャッシングです。フリーローンの強みは、借りたお金を何の用途に使っても構わないことにあります。

 

自由度が高いので、誰でも気軽にキャッシングを利用できるようになっており、また融資を受けるにあたって基本的に保証人や担保も必要ありません。融資を受けるためには、コンスタントな収入があり、貸したお金の返済が可能だと認めてもらう必要があります。

 

スポンサーリンク

申し込みから融資までの時間も短縮化される傾向にあります。審査の結果が出るまでが1時間弱で、申し込み日のうちに融資が受けられる場合もあります。キャッシングやフリーローンを利用する人は大勢いますが、融資可能な金融会社も多くなっています。

 

どの金融会社から借りようかと迷ってしまうこともあるでしょう。金融機関によって金利にばらつきがあり、かつてのように20%を超えるような高金利を設定したフリーローンのキャッシングはもうありません。とはいえ、18%で融資を受けるか、10%で融資を受けるかで利息額は大きく差が出ますので、低金利の融資を探す人は少なくありません。

 

当然金利は低いほうがお得なので、できる限り金利が低いフリーローンを選ぶことが重要です。金利だけを単純に比較した場合は、消費者金融系よりも銀行系キャッシングのほうが断然有利です。

 

銀行系キャッシングは審査がすぐには終わらないこと、審査の内容が厳しめであるという特徴があります。銀行のキャッシングを始めに申し込み、審査でNGが出たら消費者金融系に申し込んでもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

お金を借りたいという時に利用できるのがキャッシングやカードローンがあります。ローンとキャッシングは両方とも同じものと考えている人も多いですが、両者の間には微妙な差があります。クレジットカードには、ショッピング枠のほかにキャッシング枠がついており、限度額までの融資を受けることができます。

 

カードを使った決済をするためのショッピング枠だけでなく、キャッシングサービスを利用するためのキャッシング枠もついているのです。クレジットカードのキャッシング枠は、金利は高めですが既に審査が済んでいるという利点があります。

 

ローンとは最初から元気の融資を目的とした金融サービスであり、消費者金融会社や銀行などが行っています。一般的な融資はこのカードローンがもっとも多いでしょう。キャッシングとローンのどちらが使いやすいかといえば、その時々の自分の求める部分が基準になります。

 

最近のクレジットカードはキャッシング枠がサービスで付帯しているものがほとんどですので、クレジットカードが1枚あれば銀行やコンビニATMで引き出せます。最近は即日融資サービスもありますが、ローンでは融資を希望する時は改めて申し込みの手続きをして、審査が出るまで待たなければなりません。

 

思い立ったらすぐにでも融資が利用できるのは、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスでしょう。クレジットカードを持つ人は多いですが、必ずしもキャッシング機能か付帯しているとは限らないので、調べておくと急場しのぎに役立つでしょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。