キャッシングの増額審査を通過するために必要なポイント

キャッシング

キャッシングをしたことがある人なら、キャッシングの限度額は増額できることが知っているはずです。つまり、借りているお金をきちんと期日までに返済していて、延滞していなければ増額することができます。

 

多くの金融会社は、きちんと返済を行う優良な顧客には、積極的に融資をしたいと考える傾向があります。より多くのお金を借りたいと考えている人は、まずはきちんと借りたお金を返して、キャッシング会社に対して信用を掴むことです。

 

スポンサーリンク

増額の交渉をして、今、利用している金融会社の融資上限額を高くしてもらえば、他の金融会社から借り入れるより手っ取り早いでしょう。キャッシング会社の信用を得るには、限度額を増額してもらい、借りたお金をきちんと返済し続けることです。

 

それが今後の増額につながります。金融会社から融資を受けることをキャッシングといいますので、借りたお金は利息をつけて返済しなければなりません。ですから、増額をしてもらうと、使える分は確かに多くなりますが、その反面、返済する分もまた増えてしまうわけです。

 

限度額を増額したために大口の融資が受けられるようになり、返済時に支払う金額が大きくなって返済がつらいという人も少なからずいます。増額を希望しても、過去のキャッシング利用歴に滞納や債務整理の経験があると、希望通りの増額には至らないこともあります。

 

借りたお金が返せなくなるということがないように、キャッシングの増額をする時には無理なく返済できるプランを立てておくことです。借りたお金は確実に返せるように、限度額の増額をしたとしても、完済までの計画はしっかり立てることが肝心です。

 

もしもキャッシングの借り入れ限度額が増額可能なら、できるだけするべきなのでしょうか。いくらまでの借り入れができるかは、キャッシング会社に申し込んだ時に、審査に基づいて決定します。この限度額は申込み時の希望金額に応じて決まりますが、必ずしもその通りになるとは限りません。

 

幾つの金融会社から融資を受けていても、各社の借り入れ金額の総計が年収の1/3を越えてはいけないという総量規制は、キャッシングを使う時に重要です。金融業に関する法律に基づいて総量規制は決まっているため、国内のキャッシング会社は決まりを守らなければなりません。

 

限度額の増額は、総量規制の範囲内で行われます。キャッシング会社は、過去の利用履歴を重視します。そのため、キャッシング初心者の人が総量規制ぎりぎりまでの融資は受けられません。そのため、今まで借りたお金を期日までにきちんと返しているという実績があり、総量規制の限度額までまだ余裕がある場合は、借り入れ上限額の増額が可能なこともあります。

 

キャッシング会社側からアクションがなくても、こちらから増額の申し入れをすることも可能です。もっと高い限度額でキャッシングを利用したい時には、一度キャッシング会社に問い合わせをしてみましょう。金融会社サイドから増額の話が来た場合、OKの意を示すだけで、すぐに借り入れ金額を増やすことができます。

 

キャッシングでお金を借りるようになって半年くらい経過してからでなければ、増額の希望は認められないこともあります。借り始めてから現在までに、延滞などのトラブルを起こしたことがなく、かつ、限度額ぎりぎりの融資を受けたことがある人は、増額の見込みがあります。

 

金融会社は、キャッシングの貸付額を増額する時には審査をしますが、思わしくない結果が出る場合もあります。キャッシング会社は、審査を行うことで返済能力のある顧客かを見定めています。貸し倒れトラブルを発生させたくないためです。

 

スポンサーリンク

金融会社も、貸し倒れリスクの高い人ばかりに融資を行っていると損が膨らむばかりですので、審査で返済能力の程度を見極めています。キャッシング会社のホームページや、電話窓口から、増額の申し込みをすることが可能です。

 

金融会社の審査が始まると、数日待たないと結果が出ませんので、急ぎで融資を受けたい人にはこの方法は使えません。増額のために審査を受けたものの、金融会社からのOKが出なかったという人もいます。

 

例えば、総量規制をオーバーしてしまう増額は認められませんし、過去に滞納や返済不能の履歴があると審査は通りにくくなります。キャッシングの審査を受ける時には、希望の金額を大きくしすぎないようにします。

 

金融会社は、1年間の収入が不安定だったり、少ない人にたいしては、小口の融資で留めたいと考えます。キャッシングの増額を希望して審査を受けたものの、結果的に融資が受けられなくなってしまうこともあります。

 

審査を受けて限度額を増額して欲しいと思ったけれど、延滞や返済不能の過去があったために融資が停止されることもあります。現状の自分を審査された時にどんな結果が出るかを見通しを立てた上で、増額のための再審査の申し入れをすることが重要です。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。