親子ローンを利用する時のメリットについて

親子ローン

住宅ローンには色々な借り方がありますが、中でも親子ローンは親と子とで年収を補うことができる方法です。親子ローンとは、住宅ローンを組む時に自分の年収だけでは不安な人やローン審査に通らない人におすすめです。

 

住宅ローンを組む時に、親と子のそれぞれの年収で審査を受けるのが親子ローンです。親子ローンでは、親子で共に返済をするわけではなく、親が返済する期間と、子が返済する期間を切りかえます。親子リレーの形でローンを組む長所は、ある程度の年齢を重ねてからも住宅ローンの融資の申し込みが可能なことです。

 

スポンサーリンク

 

70歳を越えると住宅ローンが利用できないと言われていましたが、親子ローンなら、年齢による制限がかなり緩和されます。住宅ローンを完済する時に何歳になるかが審査では重視されますが、親子ローンなら途中から返済は子や孫になりますので、年を重ねてからでもローンが組めます。親子ローンの返済条件は、返済を引き継ぐ人が20歳以上70歳未満であり、ローン完済時の年齢が80歳未満であることです。

 

後継者や、配偶者など、金融会社側が指定した人でなければ、親子リレーローンを引き継ぎ側にはなれません。近い将来に同居のプランがあれば、親子ローンを一緒に組んでもいいという金融会社もあります。親子でローンを一緒に組む時には、不動産の持ち分を確認して頭金を調整するなどの手続きがあることも、配慮しておきましょう。

 

後々でトラブルに発展しないように、親子ローンを組む時にはよく話し合って条件を確認しておきましょう。

 

家や土地を買う時には大きなお金が必要になりますので、住宅ローン融資を利用する人が少なくありません。住宅ローンには色々なプランがあり、どれを利用するかはよく考える必要があります。親子ローンは2世帯住宅を買う人に人気です。

 

若いころは核家族で暮らしていた人でも、高齢になった親と一緒に暮らすことを考える人もいます。親子ローンを利用すれば、これから先、同居するための家を建てるための資金融資が通りやすくなるという見込みがあります。住宅ローンの借り入れ額を高くできることは、親子ローンの利点といえます。

 

金融会社によって親子ローンの条件は異なりますが、同居中の親と子であることなどが重視されます。また、親子ペアローンと、親子リレーローンでは、返済のシステムが異なっています。親子リレーローンでは、返済開始時点では親が返済を担当します。

 

スポンサーリンク

 

一定の期間が経過したら、子供が返済を行います。親の年齢が高くともローンが組めます。一方、親子ペアローンは、親と子で個別に住宅ローンの契約をして返済します。返済を行う人が交代するのではなく、個々に住宅ローンをすることがペアローンの特徴です。

 

住宅ローンを2つ同時に組む形になりますので、親子ペアローンにすると高額の融資を受けることができます。親子間で十分に理解し合った上で、何がベストの選択かを考えてローンの組み方を決める必要があります。

 

親の信用の低さや、子供の信用の低さが、ローン融資の結果に関係する場合があるのではないかと思っている人がいます。住宅ローンの完済が済んでない親がいると、その子供のローン審査でマイナスの評価がされるという話がありますが、根拠のない話です。

 

ローンの審査を行う時には、申し込んだ人当人の信用から、融資をするかが決定します。実際に親子で借りている人は多く、特にキャッシングなどの多目的融資は家族全員で借りているというケースも少なくありません。また住宅ローンでは、親子でローンの返済を引き継ぐことを前提としたものもあります。

 

金融会社からローンを受ける際、家族にその話を通したほうがいいと思うこと自体は自由ですが、個人を対象としたローンにそうする理由はありません。もし金融会社が連絡をすることがあっても、ローンを使っていることが周囲にわからないよう会社名を使わずに電話や郵便連絡をしてくれます。

 

多くの人は、ローンを利用する時にはできるだけ身近な人に知られたくないと考えています。親子でローンについて話し合った結果、親子のどちらが申し込んだほうが借りやすいか考えることもあります。例えば年収が子供よりも親の方が多いという状況なら、親が申し込みしたほうが審査で有利になるだけでなく、借り入れできる金額も大きくなります。

 

ただし親がローンの延滞をしている状況なら、子供が申し込んだほうが審査に通過しやすいでしょう。ローンの問題を親子で共有して取り組むならば、互いの信用条件をチェックして、より審査に通りそうなほうが手続きをするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれています。