住宅ローンを組んでお金を借りる時に必要となる担保

住宅ローン

家を購入する際には多額とお金が必要になるので、多くの方は現金購入ではなく、住宅ローンを利用することでしょう。自由に動かせる資金をたくさん持っている人や、買う家がそれほど高い家でなければ現金払いもできますが、基本的には住宅ローンの出番です。

 

スポンサーリンク

住宅ローンによって借り入れをする時に必ず必要となるのが、担保です。担保とは、何らかの事情で住宅ローンの返済が滞った時に、金融機関がローンの資金回収に用いると事前に取り決めたものです。そのため、ある程度の価値がなければ担保にはできません。

 

担保は大別すると、物的担保と人的担保に分類されます。本来、ローンの返済をしなければいけない人が返済困難な状況に陥った場合、人的担保とされる連帯保証人や、連帯債務者が、代わりになって返済します。借入する金額やローンを取り扱っている金融機関にとって状況は変わりますが、住宅ローンを組む際には保証人は必要になるので、事前に話をして準備しておくことをおすすめします。

 

住宅ローンの返済の責任の一端を、連帯保証人に請け負ってもらう形になるので、相手の了承をしっかり得ることが重要です。一方、物的担保というのは、不動産などの資産を対象にしています。物的担保として用いられるものは不動産が多く、それ以外には、株券や、国債など証券を担保にすることもあります。住宅ローンの物的担保は、これから購入する予定の土地や建物がそのまま担保になり、返済不能になるとその土地や建物が金融機関の所有になります。家の購入は大きなお金が動く大イベントですので、契約を結ぶ時までに、住宅ローンの担保など、様々な点について情報を得ておきましょう。

 

住宅ローンは、人生で最も高額な買い物と言われる住まいを購入する時に、利用する金融サービスです。いつかはマイホームを持ちたいと思う人は多くいるでしょうが、実際に住宅を購入するとなると大きな決断が必要です。一口に家といっても安い家から高い屋敷まで様々ですが、いずれにしろ家を買うとなったら大事でしょう。

 

スポンサーリンク

いずれ家が欲しいと、コツコツと貯金を増やしていた場合でも、そのお金を頭金にして住宅ローンを組む人が少なくありません。金融機関の住宅ローンは、担保かないと組めない場合がほとんどです。定番の担保といえば不動産を担保にすることですが、人的担保という、不動産以外の担保も存在しています。

 

人的担保は、連帯保証人や、連帯債務者ともいいます。債務者が、ローンの返済ができなくなった時に、返済を肩代わりする人です。保証人にも段階があって、一番返済義務が強いのは連帯債務者で、その次に連帯保証人、一番義務が弱いのが保証人となります。金融機関によっては、人的担保になる人に対しても条件を設けていますので、住宅ローンの契約を行う時には注意が必要になります。

 

人的担保になる人が、そもそもローンを返済することができないような人なら、担保にはなりえます。また、自分の住宅ローンの返済を請け負ってもらうリスクを相手に負わせることになりますので、相手との信頼形成が大事です。住宅ローン融資は、申込み者は必要に応じてお金を借りるわけですが、保証人はリスクしかないということもあるので、事前の合意が重要です。

 

必要な物、欲しい物を買うだけに足りる現金が常にあれば不便はありませんが、どうしても欲しいけれどお金が不足していることがあります。手持ちの資金が不足している時に重宝するものに、金融会社のローンがあります。自動車や、高価な家電を買う時は、ローンを組んだほうがいいこともあります。

 

車や家電とは桁が違う話ですが、住まいを買う時も、お金が足りなければ住宅ローンを組んで支払いにあてます。ただし、借りたはお金には利息がつき、借り入れ金より多額の返済しなければならないことは、ローンを利用する際に、認識しておかなければいけない事実です。金融機関によっては、まとまった金額のローンを行う時には、担保を入れることを条件につけることがあります。

 

金融機関によっては、担保のいらない融資も行っていますが、担保があるほうが低金利で大口の融資が可能など、融資の条件が良くなります。金融機関から融資を受けるに際しては、担保がある場合と、担保がない場合でどう金利条件などが変わるなかを聞いてみてください。新しく家を買うに当たって住宅ローンを組む時には、まず買う予定の家に抵当権を設定して、担保にすることが多いようです。

 

住宅ローンの支払いが終われば、家は担保ではなくなるという形です。完済前にローンを返せなくなったら、債権者は抵当権を設定した家を差し押さえる権利を持ち、その家を売却してしまいます。予定どおりの返済ができないと、担保を持っていかれてしまう可能性の代わりに、融資時の金利を優遇してもらうという方式といえます。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。