クレジットカードと消費者金融とのキャッシングサービスの違い

クレジットカード

消費者金融会社のキャッシング融資と、クレジットカードのキャッシング枠の差は、どういう点にあるでしょう。どちらもお金を借りる方法ですが、そのサービス内容には異なる部分があります。キャッシング枠までの融資と、ショッピング枠までの買い物ができることが、クレジットカードの特徴といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

消費者金融会社は、キャッシングサービスに特化した金融会社です。クレジットカードの発行はしておらず、キャッシングのみを行います。消費者金融会社のキャッシングというのは、昔は店頭でお金を受け取り、店頭で返すというのがひとつの常識でした。

 

最近は、専用のカードをつくってもらい、ATMで借り入れを行ったり、月々の返済を行うようになってきています。最初にカードをつくってもらい、以後はカードを利用したATMの操作で必要なお金を受け取れます。さらにコンビニなどでも使えるカードを発行している消費者金融会社も増えており、利便性が高くなっています。

 

ATMから操作が可能という点では、クレジットカードで借りる時と似ていますが、消費者金融会社との差は借り入れ上限額にあります。クレジットカードのキャッシング枠は数十万ほどですが、消費者金融会社の融資の場合、数百万円の借り入れが可能なこともあります。また、最近ではインターネットを利用して、申し込みから借り入れまでできるようになってきています。消費者金融会社でも、クレジットカードのキャッシング枠でも、カードの手続きが済んでいればいつでも融資OKですので、切迫した事態にも対応できるよう、カードの準備をしておくといいでしょう。

 

新規でクレジットカードをつくりたい時に、知っておいたほうがいいことは、何かあるものでしょうか。クレジットカードの発行条件は金融会社ごとに差がありますが、大抵は18歳以上か、20歳以上であれば、クレジットカードの発行が可能な会社が多いようです。

 

クレジットカードの申し込み手続きを行うと、申込用紙に記入した内容に基づいて審査が行われ、返済能力のチェックがされます。他社のローンやキャッシングを借りているか、過去に返済を滞らせたことがないかなどが、審査の対象となる事柄です。金融会社としては、カードを使ったら、期日までに支払いができる客かどうかを重視しています。

 

今までに、例えば携帯や電気料金などの支払いの延滞などがあると、トラブルの情報として履歴が残ってしまいます。深刻な返済トラブルを起こしたことがある人の場合、クレジットカードの審査に通らないことがあります。クレジットカードを新たに発行できるかどうかは、これまでのキャッシンクの利用履歴と密接に関係しているといえるでしょう。

 

もしも、ある時期にクレジットカードの手続きをしていて、別のクレジットカードも並行して申し込みをしていると、一方に断られた時にもう一方も断られることがあります。カード発行のためには、どのクレジットカード会社も審査をしますが、審査基準はクレジットカード会社によって違いがあるため、一社がダメでも、別の一社はOKな場合もあります。

 

どのクレジットカード会社でも、審査の時に重視ていることは、今まで返済トラブルを起こしたことがないかや、キャッシング会社を幾つも同時に利用していないかです。クレジットカードについての情報をしっかり収集して、自分のニーズにぴったりのクレジットカードに申し込みをしたいものです。

 

スポンサーリンク

クレジットカードで買い物をする人は増加傾向にあり、財布に1枚は入っているという人は珍しくありません。ですが、初めてクレジットカードの申し込みをする場合には、事前に確認しておいた方が良いポイントがいくつかあります。事前に関心のあるクレジットカードを調べておいて、カードごとの付帯サービスや、金利条件についてチェックしておくといいでしょう。

 

自分にとって使いやすそうなクレジットカードを見つけるためには、個々のサービスの内容も目を通す必要があります。クレジットカードによっては高金利である場合もありますし、あまり特徴が無いものもあり、自分にっとってメリットが無い場合もあります。各社のクレジットカードの内容を比較検討して、最も使いやすそうなところを選択しましょう。

 

どのクレジットカード会社のカードに申し込むか決めたら、もう一度カード会社の申し込み要項や、契約条件に目を通しておくといいでしょう。ネットからでも申し込みをすることができるようになっており、ものの10分程度で手続きを完了させることができるので非常に便利です。申し込み手続きが完了すると金融会社の審査が行われ、大体一週間後くらいに新規のクレジットカードが郵送されてくるでしょう。

 

クレジットカードの申し込みをするときに、キャッシングとしても使えるカードをつくるかどうか聞いてくる金融会社が多くなっています。もしも、急に現金が必要になった時のためにキャッシング枠もつけておくと後々安心です。手持ちの現金がなくても、クレジットカードさえ持っていれば買い物をすることもできますし、何かと役に立つ存在です。

 

買い物に便利なクレジットカードが欲しいけれど、どこで何をするとクレジットカードが使える状態になるか分からないという方もいるようです。とクレジットカードを持ちたいという人のために、デパートやショッピングセンターの人目につくところに、カードの申し込み窓口があることもあります。

 

申し込み書類を作成し、身分証明書のコピーをとってしばらく待てば審査の結果が出て、数日から1週間ほどでクレジットカードを受け取ることができます。手続き事態は複雑なものではありませんので、必要事項を書き込んでいくだけで済みます。店舗にあるクレジットカードの申し込みのためのデスク以外にも、ほとんどの会社ではネット上で手続きができるようになっています。

 

大変そうだと感じるかもしれませんが、ネットで申し込みをするのは想像以上にシンプルであっという間に完了できる作業になります。ネットでは口コミやランキング評価のサイトがありますので、どのクレジットカードが使いやすいか調べられます。クレジットカードの中には年会費無料のタイプや、利用額に応じてポイントがつくサービスがあるタイプなどがあります。

 

どのクレジットカードがいいか目星をつけたら、クレジットカード会社のホームページから申し込みをすることができます。送信フォームに必要事項を入力し、身分証明書の画像情報などを送ることで、手続きが終了します。審査の結果については通常であれば、数日程度で通知があり、その後1週間前後でクレジットカードが手元に届けられます。申し込み時に分からないことがあれば、カスタマーサービスに問い合わせると丁寧にアドバイスしてもらえるので、はじめての人でも安心です。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。