脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

ダイエット

体質的な太りやすさとは、脂肪細胞の数がどのくらいあるかに関係しています。脂肪細胞の数には個人差があります、ティーンエイジャーの頃に太っていると多いようです。太りやすさとは、脂肪細胞が多くあるかどうかです。

 

つまりティーンエイジで太っていた人ほど、成人後も脂肪がつきやすいといいます。肥満のリスクが高い人は、肥満細胞の数が多いということが、指摘されています。大人になってから脂肪細胞を減らそうとしても、小さい時に固定されてしまっているものなので、減らすことは出来ないのです。

 

脂肪細胞を少なくすることで体質を変えるというアプローチは諦めたほうがいいでしょう。外科手術などで取り除かない限りは、脂肪細胞を体から少なくすることはできません。

 

少しの食べ過ぎがすぐに体重増加に反映されたり、ダイエットが一時的にうまくいったのにリバウンドで元通りになってしまったりという人は、脂肪細胞が人より多いかもしれません。もしも、太りやすいと感じている人は、脂肪細胞を減らすのではなく、食べ過ぎを防いだり、運動をすることが大切になります。

 

スポンサーリンク

食事で摂取したカロリーが多いと体重が増加しますが、その程度は肥満細胞が多い人ほど大きくなるといいます。摂取カロリーを消費カロリーが上回れば、どんなに脂肪細胞が多い人でも太ることはありません。適度な運動と、カロリー控え目の食事を続ければ、脂肪細胞がたくさんあっても太ることはありません。

 

大量のカロリーを摂取しても体重が変わらない人がいる一方で、少し食べただけですぐに太ってしまうような人もいます。人間の身体には、脂肪を溜め込む脂肪細胞がありますが、この脂肪細胞の数が太りやすさを左右しています。

 

脂肪細胞がたくさんある人は、太りやすい体質です。一生のうちで、脂肪細胞がつくられる期間は限られています。生まれてから思春期までの急に太った時期と、胎児として成長している時期だけです。脂肪細胞は減ることはありません。

 

また、一生のうち限られた期間を除いては、脂肪細胞の個数が増加することもありません。繰り返しダイエットをしてもなかなか痩せることができないのは、脂肪細胞が多いのかもしれません。一度数が決まってしまった脂肪細胞の数は増減しませんので、太らないように配慮することが重要です。

 

体脂肪が増えること自体は、太りやすい人にはよく起きることであり、脂肪細胞が多い人ほど配慮が必須です。適正カロリーを心がけ、無理のない範囲で運動も続けることによって、1日に使うカロリー量を多くすることができます。

 

食事で体内に取り入れたカロリーがちょっと多かったとしても、適度な運動をして体内のカロリーを燃やしてしまえばつれあいはとれますので、体脂肪にせずに済みます。太りにくい生活習慣を構築した上で、日々の食生活にうまく組み込んでいくといいでしょう。脂肪細胞により多くの脂肪が入らないように、体重の管理に関心を配り、食事を摂った上で運動をするようにしたいものです。

 

白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞という2つの脂肪細胞は性質が異なります。白色脂肪細胞の特徴は、体に必要なエネルギーを溜め込んでいることです。褐色脂肪細胞のほうは、エネルギーを燃やして消費する時に使われており、代謝と関係しています。

 

スポンサーリンク

人間の身体は、太りやすい人と、痩せやすい人とがありますが、太りやすさに関係しているものが白色脂肪細胞です。脂肪細胞はサイズを変化させますが、数は変わりません。つまり、痩せることができても細胞個数は変わらないのです。

 

脂肪細胞は、若いうちに急激に太ると数が多くなることが知られています。脂肪細胞を知る上では、サイズが変わっても数は変わらない細胞であることを、心に留めておく必要があります。ただ何も打つ手が無いわけではなく、脂肪細胞自体の数は減らすことができなくても、脂肪細胞の大きさを小さくすることは十分に可能です。

 

適度な有酸素運動をして体脂肪の燃焼を促し、体内に蓄積されていた脂肪を燃やしてしまえば、脂肪細胞は縮んでいきます。落とした体重をキープするには、脂肪細胞を小さいままにしておくことがポイントになります。

 

不摂生な生活はしないようにして、体にいい食事を摂って代謝のいい状態を保ち、運動を習慣的に実践することがポイントです。体質的に体重が増加しやすくても、脂肪細胞が大きくならないように、適度な運動と、健康維持に必要な量の食事、そして健康的な生活を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。