体に蓄積されてしまった体脂肪を効率的に燃焼させる方法

脂肪燃焼

体重だけでなく体脂肪率も分かる体重計は家庭用でも珍しいものではなくなっていますが、体脂肪の管理は重要です。体脂肪が多すぎると健康に悪影響を及ぼすこともあり、女性は体脂肪率30%を超えると肥満体型だといいます。

 

自分が肥満体型かどうかを知るには、体重よりも体脂肪を基準にしたほうがわかりやすいでしょう。隠れ肥満とは、体重はそれほど多くもなく、太っているように見えずとも、体脂肪が多い状態を指します。

 

つまり、気にするべきは体重よりも体脂肪なのです。皮下脂肪や、内臓脂肪は、食事などで得たカロリーの中から、その日に使い切れなかった分が該当します。体内に蓄積されている脂肪を燃やしてエネルギーとして消費することが減量のコツです。

 

しかしながら、短時間の運動ぐらいでは、体脂肪を燃やしてエネルギーにするほどにはなりません。ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロビクスなどの有酸素運動で、体脂肪の燃焼を促すことが可能です。

 

スポンサーリンク

無理なく続けられる範囲での有酸素運動を日々の習慣として組み入れることで、身体に蓄積していた内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させ、エネルギーとして使うことができます。いずれも自分のペースに合わせてじっくりと行うことができるので、あとは自分のやる気次第です。毎日の有酸素運動をどんな方法で実践するかが、体脂肪を燃焼させるためには大切です。

 

効率的に体脂肪を燃やしたいという人は、運動を始めるといいでしょう。運動といってもウォーキング、水泳、ジョギング、筋トレ、縄跳びなどいろいろとありますが、体脂肪を燃焼するにはどのような運動がよいのでしょうか。

 

運動は無酸素運動と有酸素運動に分けることができますが、体脂肪を燃焼させるには有酸素運動が適しています。筋肉にはエネルギー源であるグリコーゲンが蓄積されており、無酸素運動ではこのグリコーゲンを使います。

 

筋肉に瞬間的なパワーを発揮させるような、短距離走などが該当しています。有酸素運動とは、酸素を使って糖や脂肪をエネルギーに変える運動です。長時間の継続が可能な運動は大抵有酸素運動であり、ランニングやジョギングが代表的です。

 

体脂肪を燃やすにはこちらの有酸素運動が適しています。水泳やダンス、トランポリンなども有酸素運動であり、まずは自分が好きなものを行うとよいでしょう。たまに何時間も運動をするよりも、毎日少しでもいいので運動をすることが、体脂肪の燃焼につながります。

 

スポンサーリンク

心身へのストレスがかかりすぎない運動を選択することが、毎日続けるコツです。今すぐにでも体脂肪を減らさなければならないという思いから、嫌いな運動を無理矢理続けていると、疲労で翌日に影響が出てしまったり、身体を痛めることもありますので、ほどほどにしておくべきでしょう。

 

体脂肪を燃焼させるためには、続けることが大切なので、無理なく楽しくできる運動を行うとよいでしょう。

 

身体に蓄積された体脂肪の燃焼には、体を動かし筋肉を刺激する方法が有効です。運動をする前後に、体脂肪の燃焼を促進する栄養を摂取すれば、エネルギーを燃やしやすい身体になれます。

 

カテキンは体脂肪の燃焼をサポートしてくれる成分であり、サプリメントとしても人気があります。体内に貯め込まれている中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸を経て、分解されて消費されます。体脂肪をグリセロールと脂肪酸に分解する時にカテキンが必要です。

 

カテキンは筋肉や肝臓で脂肪をエネルギーに変える力を高めるサポートもします。エネルギーを使うためにも、脂肪を分解するためにも、カテキンは有用です。カテキンを摂取するには緑茶がいいという印象がありますが、カテキン入り飲料は近年人気が出ています。

 

クロロゲン酸も体脂肪の燃焼をサポートする成分であり、肝臓において脂肪の燃焼を促進させると考えられています。ドリンクにクロロゲン酸が配合されているものも利用者が増えており、体脂肪を燃焼させたい人にお勧めです。

 

ただし、体脂肪の燃焼を助ける成分は、それを飲んだからといって脂肪が燃えるわけではなく、運動をして脂肪燃焼を活発にすることが必要です。効果の期待できる成分を摂取しながら、しっかり運動をすることで、より大きな体脂肪の燃焼効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。