西武園ゆうえんち花火大会 2018の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

夜空に降り注ぐ光の雨!クライマックスには3か所同時に打ちあがるワイドスターマインが特徴です。

園内には有料指定席もあり、花火をまじかで眺めることができます。

 

スポンサーリンク

西武園ゆうえんち花火大会(2018年)開催要項

開催日 2018年7月28日(土)、29日(日)、8月4日(土)、5日(日)、11日(土・祝日)、12日(日) ※予定
開催時間 19時45分~20時10分頃
天候不順の場合 荒天時は、中止の場合あり。(順延なし)
開催場所・打ち上げ場所 西武園ゆうえんち
入園料 花火観覧は無料。別途、西武園ゆうえんちの入園料が必要となります。

  • おとな(中学生以上):1,200円
  • こども(3歳~小学生):600円
  • シニア(60歳以上):600円

ビアガーデン席(予約制・予約すると当日の入園料無料)大人(20歳以上)5500円~・未成年(中学生~20歳未満)3500円~・こども2000円~※S席・A席・B席・C席・ペアシート・小上がり席・メルヘン席・ジンギ好きン席あり、7月上旬から電話にて受付、料金等はすべて予定。

詳しくは、西武園ゆうえんちの公式サイトで確認してください。

 


 

花火 打ち上げ数 約2,000発 ※各日
昨年の来場者数 約10万人
所在地 埼玉県所沢市2964
問合せ先 04-2922-1371 西武園ゆうえんち
駐車場 あり(1,200台、1回1,500円)
交通規制・通行止め 当日は混雑するために公共交通機関をご利用ください。
トイレ ゆうえんち内各所 ※園内案内板を確認してください。
アクセス方法(電車) 西武新宿線 西武遊園地駅より徒歩すぐ
アクセス方法(車) 関越道 所沢ICより約12km

 

西武園花火(2016年) の様子

西武園ゆうえんち花火大会(2015年)の様子

 

西武園ゆうえんち花火大会の見どころ

所沢の夜空を彩る花火大会。夜空の大輪を見あげ飲むビールは最高のひととき。(飲むなら、電車でのお出かけを!)

フィナーレのワイドスターマインは圧巻の一言です。

 

スポンサーリンク

花火の種類

10号玉、スターマインほか

西武園ゆうえんち花火大会 観覧穴場スポット

西武園遊園地内で見ると、最低でも入園券が必要になります。また、有料席になるとプラスお金が必要になります。

きっと、無料で見れることが知りたいと思いましたので、「無料スポット」ということで調べてみました。

多摩湖(村山貯水池)の堤防

ここは西武園ゆうえんちの花火が見られる無料スポットとして、一番有名なところですね。かなりの人がいます。ベストなポジションは中央あたりでしょうか。

西武園に近つきすぎると視界を遮る木々などがありますので、少し離れた方が良いと思います。

そして、遊園地の「ジャイロタワー」から打ち上げられる花火は、迫力があります。

駐車場は「都立狭山公園駐車場」(埼玉県東村山市多摩湖町3-17-19)が利用できるようです。しかも無料。

無料で花火が見れるところを探しても、駐車場が有料だったら悲しいですよね。

荒幡富士(荒幡浅間神社)

ここでは花火が真上に上がります。まるで花火が自分の上に落ちてくるのではという迫力も臨場感も楽しめることは間違いないでしょう!

花火の音が好きな人には最高の観覧場です。とにかく音がすごいので。

逆に小さなお子様がいらっしゃる場合には、避けた方が良い場所かもしれません。

何度も言いますが、ここからの迫力はすごいですので。

いなげや所沢西武園店の屋上駐車場

西武ゆうえんちからも近いので花火の光も音も楽しめます。

ウォータージャンプ場S-Air

ここは西武園ゆうえんちに隣接しています。その近さゆえに、花火の発射する音まで聞こえてきます。

西武園の東口駐車場の脇にあり無料で中に入ることができます。

ただし駐車場代は必要になります。(自転車とバイクは無料でとめられます。)

西武ゆうえんち西口駐車場

ここも音がすごいですので、小さなお子様連れには不向きかもしれません。

駐車場なので、車の場合は料金がかかりますが、徒歩で駐車場に入る場合は無料ですが、くれぐれも車にはお気を付けください。

西武園駅

駅の陸橋から見ている人は意外に多いです。障害物もありませんので、きれいで爆音のする花火を見ることができます。

西武園ゆうえんち花火大会(過去)の口コミ情報

[char no=”4″]毎年、楽しみにしています。うちは小さな子供連れなので、昼間は遊園地で楽しみ、夜は花火を見ています。子供たちも移動が少ない分、1日元気に遊んでくれます。もちろん、花火にも満足しています。[/char] [char no=”2″]「どうせ飲むんだし」ということで、ビアガーデンのS席で見ました。遊園地なのでトイレが近くても大丈夫なので、そのあたりを心配せずに「飲んで、食べて、花火を見る!」という方にはオススメです![/char] [char no=”5″]わたしは遊園地の観覧車から見ました。花火の上がるタイミングに合わせるのが難しかったですが、違う目線から花火を見ることができましたので、最高です。[/char]

屋台、売店、露店の出店は?

露店はあります。

有料席は?

ビアガーデンに特等席(有料指定席)というものがあるようです。

花火以外のイベントは?

当日は通常の西武園ゆうえんちの入園券とは別に「ゆたかチケット」という花火大会開催時のお得なチケットが販売されるようです。

販売開始は当日の15時からということで、通常の入園券の料金でアトラクション1回(一部のアトラクション除く)が付いたお得なチケットになります。

購入できる条件は、「女性は浴衣、男性は浴衣・甚平を着用されご入園されたお客さま限定」となっていますので、ご注意くださいまし。

西武、所沢の名物、みどころは?

「西武」というと、どうしても西武ライオンズが浮かんでしまいますね。西武ライオンズの本拠地である西武プリンスドームは他のドーム球場とは違い「半野外型」というもので、スタンドと屋根の間から外が見える構造になっています。

また、丘陵地をすり鉢状に掘り下げて掘った穴の斜面が観客席スタンドになっているという、こちらも他のドーム球場にはない変わった構造をしています。

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

今年の西武園ゆうえんちの花火は9回予定されています。

長時間の花火ではありませんが、短時間に凝縮された花火はすごさと感動ものです。

カップルや家族であれば、昼間は西武園ゆうえんちで遊んで、夜は花火をみんなで観賞!

そんな夏の思い出をつくるには絶好の花火大会ではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。