にきび肌に使用すべきではない化粧品とは

基礎化粧品

にきび改善に役立つ成分が配合された化粧品

お肌ににきびができやすい人は、にきびの痕がシミにやったり、へこみができたり、乾燥肌による肌の赤みやかさつきがひどくなってしまう場合があります。にきびが出来てしまったら症状が悪化してしまわないように、なるべく早めにしっかりと治した方が良いでしょう。

 

にきびの対処方法としては、にきび専用の化粧品を使用するとより効果的です。市販の化粧品の中には、にきびの症状を緩和する成分が含まれているものがありますので利用してみてください。一般的な化粧品とは含まれている成分が違いますので、無闇に使わないようにして、必要な時だけ使用します。

 

にきびの解消に効果がある成分か使われている基礎化粧品は、にきび肌から脱却したいという人が使用することで、お肌のコンディション改善に効果を発揮します。にきびのできにく肌になるためには、グリチルリチン酸、サルチル酸、ビタミンE誘導体などの成分が有効です。

 

スポンサーリンク

これらの成分は、抗菌や殺菌、そして抗炎症などの効果が期待できるので、にきび改善に役立ちます。ですが、にきび化粧品によって、使用されている薬用成分も違ってくるので、自分のにきびの状態や肌質に合う化粧品を選ぶ必要があります。

 

最終的には実際に使ってみなければ自分に合うかを判断することは難しいので、試供品として配られているものを使ってみるのもいい方法です。自分の肌質にあうにきび用化粧品があれば、その後はしっかり利用し続けるだけでいいので、確実ににきび肌を改善することができます。

 

にきびができにくい肌になるためにも、まずにきび用化粧品の選択をきちんと行うことが、重要であると言えるでしょう。

 

にきび肌に使用すべきではない化粧品とは

にきびがある時には、どんな化粧品でスキンケアをするかが大切になります。にきびがひどくならないように、化粧品の選択には注意をすべきでしょう。にきびができているときにおすすめの化粧品は、ノンコメドジェニックテスト済みのものです。

 

ノンコメドジェニックテストでOKが出ている化粧品を使えば、にきびがある場所に使っても、にきびをひどくさせる心配はありません。にきびの肌には、さっぱり系の化粧品がよいというイメージがありますが、正しいとは言い切れません。

 

スポンサーリンク

オイリー肌には水分量が多い化粧品を使いたがる人は多いですが、にきびの症状によっては合わないこともあります。大人のにきびは、思春期のにきびと成り立ちが違いますで脂性肌のせいとは言い切れず、さっぱり系の化粧品が合わないこともあります。

 

皮脂が過剰に分泌されるからではなく、肌が乾燥し毛穴が固くなったために詰まりが除去されづらくなり、にきびができるのが大人にきびの特徴です。この状態でわずかにでも皮脂が分泌されると毛穴に皮脂がつまってしまい、にきびの原因になります。

 

毛穴から分泌される皮脂の量ではなく、角質層の乾燥を改善する保湿ケアをすることが、大人にきびの改善につながります。ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどは保湿力が高い成分ですが、粘度が高いため毛穴につまってしまうことがあります。保湿化粧品として販売されているものの中にも、にきびの原因になりやすいものがありますので気をつけましょう。

 

化粧品の選び方が異なる思春期にきびと大人にきび

にきびが気になる人が使う専用の化粧品がありますが、普通の化粧品とにきび用化粧品は、どこに差があるでしょう。十代のころにできるにきびと、二十代移行のにきびは原因が異なるため、にきびケア化粧品も使い分ける必要があります。

 

ティーンエイジャーのにきびとは、成長ホルモンが多く分泌されることで、皮脂の量が多くなるせいでできます。毛穴から脂質が多く分泌されないようにすることが、若いころのにきびケアのポイントです。

 

また、にきびができる原因となる皮膚の常在菌が繁殖しすぎないように殺菌する成分も、にきび化粧品には含まれています。いらなくなった皮膚が表層に残らないように、サリチル酸が含まれているタイプもよくあります。成人してからできたにきびには、サリチル酸は適していません。

 

サリチル酸の作用で皮膚がより乾燥すると、肌の保湿力が不足してしまいます。もともと肌が乾燥気味の人でない限り、10代のしっとりとしたみずみずしい肌ならサリチル酸で肌の水分不足にはなりません。

 

しかし、大人のにきびは皮膚の乾燥が原因の一つになっていることが多いので、肌を乾燥させないようににきびケアが大切になります。大人になってからの皮脂の目詰まりは、皮脂分泌量の多さではなく、肌の乾燥で角質層が厚くなり、毛穴が小さくなることです。

 

大人になってからにきびができて困っているという人は、肌の保湿力を高めることが大事になります。どんな成り立ちでにきびができたのかを理解することで、最適なスキンケアのやり方がわかります。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています。